やだもん やだもん にこちゃんやー やだもん やだもん にこちゃんやー
作: ケロポンズ 絵: 原あいみ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おふろにはいりたくないにこちゃんが、「やだもん やだもん にこちゃん やー!」とおもしろかわいく逃げ回って…。

だいすきなパパへ自信を持っておすすめしたい みんなの声

だいすきなパパへ 作:ジェシカ・バグリー
訳:なかがわ ちひろ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年07月
ISBN:9784751528068
評価スコア 4.76
評価ランキング 667
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 娘達がもう少し大きくなったら読んであげたい 受賞レビュー

    今年2月、交通事故に遭いました。上の子は保育園、お腹にいた赤ちゃんは急遽帝王切開にて出産し母子ともに無事でした。しかし主人は意識が戻らぬまま1か月後に亡くなりました。相手の信号無視で起こった最悪の事故でした。
    3歳の子は毎日「パパと○○に行ったのー」と願望を言います。下の子はパパとの思い出はありません。上の子も大きくなったらパパとの思い出を忘れてしまうでしょう。
    私自身主人が亡くなりどうしようもない淋しさと悔しさでいっぱいの中、この絵本を読み、ママの思い、子の思いが痛いほど伝わってきました。
    娘達がもう少し大きくなったら一緒に読んであげたい、パパはあなた達をどれだけ大切に思っていたか、一緒に成長を見れないことがどれだけ悔しいか、伝えてあげたいとおもいました。
    ママも辛くても、一生懸命に子どもと接していけばいつか子どもにもわかり、一緒に悲しみを、分かち合える日が来るのかなと思いました。もう二度とパパには会えません。だけど一生懸命生きていかなくてはいけないと改めて思わせてもらいました。
    まだ娘は3歳と0歳、もう少し大きくなったら一緒に読ませていただきます。

    投稿日:2015/08/19

    参考になりました
    感謝
    15
  • このお話は、どの登場人物の立場で読むかで印象や感想がガラリと変わると思います。

    私は良い絵本だなと感動をおぼえながらも、どこか冷静な気持ちでは読めませんでした。
    そして「今より少しでも健康に気をつけよう。」という思いになりました。

    メタボや健康が気になるお父さんには、きっと私のように色々と非常に心を揺さぶられるお話だと思います。


    物語は、バークリーから「もう会えない」パパへのプレゼントを軸に、バークリーとママとの穏やかな日常が、短い文章で描かれます。
    キレイな絵や短い文章からも、バークリーとママがとても誠実で優しい人たちであることが伝わってきます。

    主人公のバークリーの立場で読むと、ママの優しさが印象に残るお話だと思います。
    ママの立場で読むと、慎ましやかな暮らしの中で、息子が優しくしっかりと成長していく喜びと希望を感じるお話だと思います。

    でも、パパの立場で読むと。。。
    こんなに優しく誠実な妻子と、もう会えないなんて!
    こんな素晴らしい家族と、もう寄り添って暮らしていけないなんて!

    妻子のパパへの愛情の深さを感じるだけ、パパの無念さも考えてしまいます。
    自分に置き換えると、とても堪えられない気持ちになり、大きな喪失感や絶望を感じてしまいます。

    自分が家族を失うことがないように、せめて最近メタボ傾向なので、体調管理を気をつけようという気になりました。

    この絵本は、家族の愛情の素晴らしさや一緒に寄り添って暮らしていくことの素晴らしさを再認識させてくれました。

    投稿日:2015/09/02

    参考になりました
    感謝
    4
  • 母心

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    なんとも切ない母心だなあ!
    子を思う母として、同じ母親として、その気持ちが痛い程、伝わってきました。
    この子は、そばにいない父親を慕って舟を作っては、海へ流していたけれど、結末が実に母親思いで、物分りの良い、大人びた対応な気がしました。
    母親がしていたことは、子を思えばこその行動だったのでしょうが、こどもなら、この母親の行動に怒っても不思議はないと思うのですが・・・
    母一人子一人の美しい家族愛ですね!

    投稿日:2015/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • たとえおふねがとどいていなくても

    • こころの剣さん
    • 40代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 男の子2歳、女の子2歳

    たとえおふねが目にみえなくても
    パパにはしっかりとどいているよ
    広い海を越えて、どこまでも続く空を超えて、時間を超えて
    きっととどくんだ
    パパはここにいて、みんなの思いをうけとめる
    どのまちにいて、みんながおおきくなっても
    雨の日にも風が吹いても
    パパはまっている
    みんなの思いがとどくまで
    おふねをうかべてるふたりの涙が
    ひかるとき
    見上げてごらんパパは虹になってたっている
    いつまでもいつまでも
    海の向こうにかがやいている
    空の向こうからひかりをおくる

    投稿日:2015/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当にいいお話です

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    読んでいて泣きそうになりました。
    死んでしまったパパへの贈り物を、パパが受け取ってくれていると信じて何度も海に流し続ける息子。そんな息子を悲しませたくなくて、プレゼントを毎回こっそり回収していたママ。
    息子の純粋な気持ちも、お母さんの気持ちも本当に素敵。
    そして、その優しいウソに気づいた息子の対応にまた心うたれます。
    親子で相手を大切に思いあう、愛があふれるお話でした。

    投稿日:2017/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を見て涙がこぼれました

    だいすきなパパへ

    タイトルを見ただけで、なにかメッセージが込められた絵本であることが伝わってきます。

    そんな気持ちに寄り添いながら、一ページ一ページを大切にかみしめながら読もうと思い、ページをめくりました。

    理由ははっきり書かれていませんが、バークリーにはお父さんがいません。
    でも、幼いバークリーはいつかお父さんが帰ってくると信じています。
    お父さんに届くようにと船を作って浮かべます。きっとお父さんのもとに届くと信じる姿に、母は一緒になってバークリーと船を浮かべています。

    察するに、お父さんはなくなったのでしょう。
    でも幼いバークリーのその思いを知るお母さんは、何も言わずそっと見守っています。

    そんな親子の絆が温かいです。

    そして、またやってきた誕生日。
    メッセージを忘れて家に帰ったバークリー・・そこで目にしたこれまでお父さんに届いたと信じていた船。

    バークリーの取った行動に涙がこぼれました。

    そして、お母さんに対する言葉に・・

    きのうも、おととういも、あしたもあさってもありがとう

    お母さんの気持ちをここまで子どもが感じ取れる子は少ないかもしれません。普通ならせめてしまうかもしれません。

    バークリーのお母さん思いの言葉が胸に響きました。

    最後の だいすきなママへ

    お母さんはこの船を見つけた時、本当に本当に幸せな気分に包まれたことでしょう。
    評価に★5つ以上つけられるものならば・・つけたいほどに心に残る絵本でした。

    投稿日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けました。。

    子供に読んであげようとも思ったのですが,我が家の子供は悲しいお話や可哀想なお話を嫌がるので,親の私が読ませていただきました。
    大人が読んでも感動する絵本で,泣けました。
    ママを想う子供,子供を想うママ,母子の絆と優しさがギュッと詰まっていました。
    この母子にはいつまでもいつまでも幸せでいてほしい!!!と思わずにはいられません。

    投稿日:2015/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会いたくなった時に読みたい

    大好きな人に、もう会えない・・・
    きっと、人生の中で これ以上に悲しいことはないと思います。

    けれども、これは ひたすらあたたかく優しく、
    何度も読み返したくなる物語です。

    お母さんと、バークリーの お互いを想う気持ちが
    絵本の中からたくさん溢れていて
    切なくはありますが、
    とても柔らかな気持ちになれる絵本です。

    さみしい時、
    もう会えない人に会いたくなった時、
    この絵本が、優しく手を握ってくれるような気がします。

    イラストも、物語も どこか控えめで
    そこがまた、ほっとした気持ちにさせてくれます。

    そして、なかがわちひろさんの訳が
    イラストにぴったりと寄り添っていて、
    すんなりと心の中に入ってきました。

    投稿日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙がでました。

    胸が熱くなり、涙がでました。

    バークリーはもう会えないパパのために、船を作り、カードを添えて海に流します。
    パパに届くようにと願いをこめて。
    作るたびに船作りは上手になっていき、1年たったバークリーの誕生日、バークリーはお母さんの秘密を知ります。
    秘密を知ったバークリーは…?


    バークリーの思い、ママの思いがなんとも切なくてあたたかくて、パパに会いたい気持ちが、バークリーとママの絆をさらに強く深くするような、そんなステキなお話です。
    お互い言葉で何かを伝えるわけではないのに、心は繋がっていて、お互いに思い合っていて、涙がでました。

    投稿日:2015/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • せつないね。

    バークリーは、ママとふたりで暮らしています。
    パパは、海の向こうにいます。そこで、バークリーは、海に打ち上げられた木を使って船を作り、想いを込めて、パパへと書いたカードをつけて海に流しました。
    その想いはいつか通じるのではと思いながら、バークリーと一緒にその日を待っていました。
    バークリーのことを大事に思っているママの行動、そして…
    ちょっぴり切ない気持ち、でも、深い愛に包まれて、とても幸せな気持ちになりました。

    投稿日:2015/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / だるまさんの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット