虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」」 みんなの声

ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」 詩:ウォルター・デ・ラ・メア
絵:カロリーナ・ラベイ
訳:海後 礼子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年09月07日
ISBN:9784265850785
評価スコア 4.1
評価ランキング 21,166
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいくて美しい

    ハロウィーンの季節。ハロウィンの絵本はいろいろとありますが、何か新しいおはなしが読みたいなと思っていたときに見つけた新刊の絵本です。
    ハロウィンの絵本というと、お化けや魔女たちがにぎやかに活躍するおはなしが多いですが、こちらの絵本は「星めぐり」ということもあって、おとなしめ。かわいくて美しい、しっとりした雰囲気です。
    表紙や見返し部分もキラキラとして素敵。こんなしっとりしたハロウィーンもたまにはいいなと思いました。

    投稿日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい絵本

    夜空が清む季節、ハロウィーンの季節に読みたい絵本。絵の色合いが美しい。けれど詩だけでも楽しめます。大人向きかもしれません。もともとは、ウォルター・デ・ラ・メアの詩集に載っている、詩です。他の人の翻訳も味わってみるのもいいと思います。

    投稿日:2019/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かなハロウィーン本

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    レビューと試し読みの絵が気になって、ハロウインのこの季節に借りてみました。

    ウオルターデ・ラ・メアさんの詩は、特にハローウインを意識したものではないのですね。それをハロウインの夜と組み合わせているので、巷のハロウイン本とは違った趣を感じました。

    ハロウインは魔物たちが人間界に紛れ込んでくる日、人間も魔物に変装する日。そんな日に、魔女が空を飛んでいたら幻想的でいいですね。
    お子さんには少し物足りないかもしれませんが、魔女のシルエットが描かれた夜の風景は静かな気持ちにさせてくれます。
    原詩を読んでみたくなりました。

    投稿日:2018/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な夜

    本屋さんで見つけて、とても素敵な絵だなーと思って気になって借りてみました。ハロウィンのにぎやかなお話は割と多く読んでいますが、この絵本は「星めぐり」というだけあって、夜空の星座の中を飛ぶ魔女たちに焦点をあてた絵本です。7歳次女には星座の名前もピンとこなかったらしく、ちょっと物足りなかったようです。大人向けかな。

    投稿日:2017/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女たちの星めぐり素敵です!

    今年のハロウィーンは終わってしまいましたが、落ち着いてしっとりとくるハロウィーン絵本に出会えました。魔女たちが星巡りをするなんて考えても見ませんでした。星たちの輝きが綺麗で、詩を読みながらうっとりとしました。魔女も悪戯も可愛く思えました。勿論子供たちも楽しそう!

    投稿日:2016/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィーンの夜に魔女たちが空を飛んでいきます。
    美しい星空の下で、ハロウィーンのお祭りが始まります。
    詩情豊かな子どもたちの断片集で、とても幻想的な絵本です。
    紫の色調が素敵です。
    ワクワクする祭り気分を、盛り上げてくれるように思います。

    投稿日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    可愛い絵に惹かれて手に取りましたが、お話ではなく詩なので、小さな子供達への読み聞かせにはあまり向かないかもしれません。地上を行く仮装した子供達と、空を飛ぶ魔女たち。どちらもハロウィンの夜を謳歌しています。よく見ると、魔女同士のイタズラでカエルに変えられてしまう魔女がいたり、玄関先でもらったお菓子をカゴごと奪っていったりという茶目っ気溢れる箇所も。各家庭のハロウィンのデコレーションも素敵です。

    投稿日:2016/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女の星座めぐり

    このお話は、ハロウィンの夜空に輝く星座たちを巡りながら空を飛ぶ魔女たちのお話でした。夜空に輝くキラキラの星座と魔女というミスマッチがなんか逆に素敵に見えました!!うちの子もなかなかないタイプの魔女のお話が珍しかったみたいで楽しんでいました。

    投稿日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原詩からの意訳絵本?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    半世紀以上前の英国の詩人、ウォルター・デ・ラ・メアの詩、
    「The Ride-by-Nights」に、カロリーナ・ラベイが絵をつけた作品。
    詩だけを追うと、魔女が空を飛ぶ情景だけです。
    ところが、下界のハロウィーンの光景を絵で添えると、
    あらら、ハロウィーンの光景に一変。
    絵による意訳、といった感じです。
    絵本ならではのコラボレーションでしょうか。
    でも、巷にあふれるハロウィーンの光景とは違い、
    実にほのぼのとした、人の温かさを感じる光景です。
    何より、夜空の星座の情景描写が素敵です。
    まずは音読だけで味わい、それから絵本として読むと、
    また違った味わいだと思います。

    投稿日:2015/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット