これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?

かかしのしきしゃなかなかよいと思う みんなの声

かかしのしきしゃ 作:中野 真典
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年07月
ISBN:9784652201091
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,710
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 定点観測で感じる音

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    案山子と指揮者という異色の組み合わせに惹かれました。
    孤高の迫力あふれる案山子が感じた音が紡がれます。
    そう、田んぼにずっと立っている案山子だからこそ感じ取れる、
    山里の様々な音。
    「指揮者」という視点に拍手です。
    四季の移ろい、生き物の気配、何より、命の鼓動。
    時空を超える完成はまさに哲学です。
    独特の力強い画風が、その世界に臨場感を与えます。
    大きな営みの世界なので、やはりそのあたりを理解した小学校中学年以上くらいからでしょうか。

    投稿日:2015/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大地のシンフォニー

    同じ場所で立っている案山子は何を見て、何を感じて、何を考えているのでしょうか?
    一年中立っていたら、いろんな音を感じて、大自然の隅々までの動きを知ることができるのでしょうか?
    大地の荘厳なシンフォニーを、一人見聞きできる案山子は確かに指揮者のようですね。
    絵の中に様々な音や楽器を感じられる絵本です。

    投稿日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット