話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

くんくん、いいにおい」 その他の方の声

くんくん、いいにおい 絵:たしろ ちさと
出版社:グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784906195541
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,050
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • においの記憶

    いろんなにおいの場面が描かれた絵本です。

    ブランコしたとの手のにおい、確かにありました。
    鉄分のにおいというのでしょうか…
    そのにおいをかぐと、子どものころを思い出すような。
    郷愁というか…
    懐かしく思い出しました。
    言葉で説明できないけど、心に残る思い出のにおいってありますね。

    絵も、すんなり心に届くもので、良かったです。

    投稿日:2017/09/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • あらためて

    匂いって、記憶にしみこんでいるんだなあと、この絵本を読んで、あらためて思いました。
    ふとした瞬間、匂いによって、思い出される記憶があります。
    特に、こどものころにかいだ匂いの場合が多いです。
    そういう何気なく、思っていたことを、改めて認識するような絵本でした。
    読みながら、ごく自然に、においを思い出せる絵が、とっても素敵です。

    投稿日:2015/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度でも読みたいです

    同じシリーズの、「きこえる?きこえるよ」
    にも驚きましたが、
    この絵本も とにかくすごいです。

    「匂いかあ。匂いは・・・わかるかな?」
    と、自信がなかったのですが、
    まったく心配ありませんでした。記憶って、すごい・・・。


    ケーキのにおい、土のにおい、確かに感じます!
    「これは どんな においかな」
    まで忠実に思い出してしまって、思わず苦笑い。

    思い出そうと頑張らなくても、パッと自然に引き出されます。
    たしろちさとさんの、絵の力です。

    一番びっくりしたのは、
    「ぶらんこしたあとの てのにおい」
    を、瞬時に感じたことです。

    最後にぶらんこに乗ったのなんて、もうずっと昔の事なのに・・・。

    この絵本、何度でも読みたいです。

    投稿日:2013/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 臭い おもしろいな〜

    臭い パンの臭いはおいしそうな良いにおい
    この子の家族はお父さんとお母さんと男の子が一緒にお風呂に入ってとっても良い家族なんですね
    果物の臭い 朝ご飯の臭い そして おもちゃの臭いや ブランコにのった後の手の臭いなど 丁寧に描かれていて なるほど こんなふうに臭いをかぐのも生活の一部なのですね 
     
    うまのうんこのにおい おならの臭い そして 愛犬のにおい

    いぬが男の子の臭いをかいでいるのは 笑えます
    お父さんのにおい お母さんのにおい 
    愛情たっぷりに描かれています
    なんだか ホットしますが・・・

    今 「くさい」 なんて言って 学生の中で 虐めもあるのは 困ったものです
    確かに トイレでうんこをした後 臭いので 消臭剤を使ったり テレビで 臭いを消すという コマーシャルがよく流れます

    この絵本のように それぞれに臭いがあって それを認めていますいいことですね

    臭い 「くさい」と言って差別があるのです・・・(悲しいですが)
    そんな 差別にならないためにも・・・(考えすぎですかね)


    この絵本は子どもたちに (小学生にも) 読んであげたいです

    投稿日:2012/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらゆる感覚の覚醒

    これは絵本をめくると本当に香りがしてくるようで・・・
    試し読みで見ていたのですが、この絵本で2種類の感覚がありました
    ひとつは、絵本からの漂うような匂いです
    パンやケーキ、犬の匂いもなんだか思い出しちゃいました
    もうひとつは、自分の経験から記憶に残っていた情景を、匂いとともに甦ってくること
    土の香りは、小さなころの住んでいた地域の風景とともに思い出します
    雨の匂い、夕方の各家庭の夕食時の美味しそうな香りに包まれながら、帰り途を急いだ子供時代・・・
    この1冊であらゆる感覚を覚醒したような感じ

    子供にも大人にも良いと思います

    投稿日:2012/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(96人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット