虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

あまいね、しょっぱいよ」 みんなの声

あまいね、しょっぱいよ 絵:ふくだ じゅんこ
出版社:グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784906195558
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,258
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 味を想像しよう!

    感覚をフルに使って楽しむ絵本のシリーズ
    「The Book of Sense」の1冊。
    味覚バーション。
    このシリーズは、新しい絵本の世界だなと思います。

    このシリーズ、4冊とも、絵は力があるし、とても、いいです。
    他の3冊もおすすめです。

    投稿日:2017/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • さりげなく、にんじんとピーマンも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    「The Book of Sense」シリーズのTaste(味覚)バージョン。
    表紙のおいしそうな果物が魅力的です。
    ぶたくんがいろいろ味見をするという趣向。
    おいしそうな食べ物が登場するので、親子ともに楽しめると思います。
    味覚の言葉(甘い、辛い、熱い、冷たいなど)とともに、
    ぺろぺろ、しゃくしゃく、などのオノマトペもありますね。
    小さい子たちには繰り返し聞かせてあげたい表現です。
    納豆やチャーハンもありますよ。
    苦手な子どもたちが多いにんじんやピーマンもさりげなく「どんなあじ?」と
    聞くところなど、食育っぽいですね。
    注目すべきは、朝ごはん・夕ごはんという一家団欒の様子がしっかり描かれていること。
    みんなで食べるとおいしいね、というメッセージが嬉しいです。
    独特のコラージュで描かれているので、食材の素材感が感じられていい感じです。

    投稿日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぶたさんの表情が豊か

    赤ちゃん向けの絵本かなと思ったら
    意外と上の年齢の子どもにも受けます。

    というのも、食の経験があまりにも浅すぎると
    おもしろみが分からないからです。
    『にがいね』『すうすうするね』
    の抹茶や炭酸系の飲み物は4歳のうちの子でも
    まだ口にしたことがありません。
    抹茶はコーヒーの方が分かりやすいかと思い
    説明し、
    炭酸は一度だけ味見したことありましたが
    うちの子は「からい」って言ってたので
    (ピリピリするんだと思います)
    そのときのことを話しました。

    離乳食が始まる頃の赤ちゃんから読んでもいいですし、
    好き嫌いが出始めた頃の子にも
    食育として読んでもいいかもしれません。

    最後のページの「みんなで食べるとおいしいね。」
    はいつも子どもも口にする言葉です。
    同じように口真似していました。

    ぶたさんの表情が豊かでおもしろいです。

    投稿日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • こういう絵本もあるんだ〜

     最初のページに、たくさんの食材やお料理がズラ〜リ。
     ぶたくんが、食べます。食べます。次々に。
     食べて感想をひとこと。
     
     味覚のお話か〜。
     こういう絵本もあるんだ〜。
     
     食感も出てきます。
     セロリの“しゃくしゃく”には笑いました。
     ニンジンとピーマンが嫌われませんように。
     
     においも出てきました。
     嗅覚から食欲をそそられることもありますものね。

     ラストは、ママたちへのメッセージかな?
     味覚は、親子一緒に食べて、親のリアクションや言葉でこどもたちが味覚の表現を体得していくんでしょうね。
     
     親子でたくさんお話のはずみそうな絵本でした。

    投稿日:2010/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいしい表現力

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    テレビを見ながらや、本を読みながら、そうやって食べ物とちゃんと向き合わずにただなんとなく食べる生活は良くないと、日ごろから子供に言っています。
    毎日の食卓ではやはり、「おいしい」か「おいしくない」、「好き」か「嫌い」くらいしか食べ物を表現する言葉がでてきません。
    だけど、なぜ好きなのか嫌いなのか、なぜおいしいと思うのかそうでないのか、必ず理由があるはずです。
    この本は、そういった食に関する表現を取り上げた、ありそうで無かった珍しい本です。
    何も難しい表現は必要ないと思いますが、日ごろから自然に豊かな表現が出てくるとうれしいですね。
    素敵な切り絵が、食べ物の質感を見事にあらわしていて、これも素敵だと思いました。

    投稿日:2008/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美味しい理由

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    食べ物の絵本は沢山ありますが、この絵本は、単純に「美味しいね」と表現するのではなく味覚の中の味だけでなく歯ごたえや、舌触り、一人で食べるより、みんなで食べる方が楽しい、食事の雰囲気など、食べ物が「美味しい」と感じられる理由が、しっかり描かれていて好きです。
    味覚を表現するのは、子どもそれぞれで面白く、かき氷を食べて「頭がカチカチする〜!」と言った子がいたり、息子も炭酸水をはじめて飲んだとき「ミシミシする」と表現しました。
    絵だけ見せて、子どもに表現させてみても面白い絵本です。
    赤ちゃんから長く楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2008/01/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切り絵

    • なびころさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子 4ケ月

    なぜ私はこれ程までに切り絵が好きなのだろう。と自問自答するほど切り絵の絵本が好きです。この本も切り絵の絵本です。繊細かつ紙の温かみが伝わってくる絵本だと思います。とにかく色々な物が出ていて食感や色味などに関する言葉が満載です。つるつる、ぷるぷるなど娘は擬態語、擬音語に対してとても反応してくれました。可愛らしいぶたさんも目を引きつけました。色々な表情をするのも楽しいです。私は納豆が手にもくっついてしまっているシーンが好きです。”どうしよう”と冷や汗をかきながらも楽しんでいる様子が伝わってきます。皆でなべを囲んでいるシーンは幸せそうでやはりご飯は大切な人と食べたいと感じました。

    投稿日:2007/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんな味?

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    味覚について表現されている本です。
    コロコロ変わるぶたくんの表情がなんとも愛嬌があっていいですね。
    子どもは、感じた味が表情によく表れるので、とってもおもしろいです。
    娘は、酸っぱい時、目をつぶって口をすぼめて、震えていて、ついつい笑ってしまいます。
    あつい、つめたい、食べる時の音など、味以外にも食べ物を表す表現が出てくるのでとてもおもしろいです。
    子どもが、甘いものを甘い、酸っぱいものを酸っぱいと理解して言えるようになったと感じた時に、とても感心したことを思い出しました。
    絵本で、楽しみながら覚えていくと、表現力も豊かになりそうです。

    投稿日:2019/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉々として楽しんでいました

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    感覚をフルに使って楽しむ絵本のシリーズなんですね。
    少し小さい子向けかと思っていたのですが、
    子どもたちは知っている言葉を言えるので
    嬉々として楽しんでいました。
    そんなに気に入ったなら、別の作品も読んでみたくなりました。

    つるつるやねばねばなど、
    オノマトペも実際に使っているけれど、
    こんなふうに絵で学ぶことは少ないので
    理解、定着するうえでもいいと思います。

    絵も貼ってるのかと確認してしまうほどのリアルさで
    面白かったです。

    投稿日:2019/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 耳を傾けたいな

    食べものにはいろんな味がしますね。
    言葉でいうのはわりとかんたんだけど、
    どんな味がするのかは人によっても
    少しずつ違うようですね。

    あまい、すっぱい、からいなどなど
    いろいろなことばで食べものの味を
    表現できるといいなと感じました。
    子どもが発することばにも耳を傾けたいなと思います。

    投稿日:2019/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット