季節
メリー メリー クリスマス!

メリー メリー クリスマス!(くもん出版)

おはなしに参加できる! クリスマス絵本。

  • びっくり
  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト

大どろぼうホッツェンプロッツなかなかよいと思う みんなの声

大どろぼうホッツェンプロッツ 作:プロイスラー
訳:中村 浩三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1966年06月
ISBN:9784036082506
評価スコア 4.83
評価ランキング 157
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長〜いお話

    最近は長めのお話ばかり好む娘のために、図書館のおすすめコーナーにい置いてあったこの本を借りてきました。
     
    内容は、頭の良いカスパールとちょっとおまぬけなゼッペルが、大泥棒ホッツェンプロッツに挑むと言うお話。

    でもやっぱり子供ではホッツェンプロッツにかなわず、つかまってしまい、なんとカスパールはゼッペルと間違われたまま大魔法使いに売り飛ばされてしまいます(>_<)
    ハラハラする内容とは対照的に、所々で笑いもあり(カスパールがわざと大魔法使いの名前を言い間違える個所が我が家では大ウケでした)、最後のどんでん返しには胸のつかえも取れ、スッキリ爽快!

    子供達と楽しく読むことができました。

    お話は長〜いです。

    投稿日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラドキドキ

    最後までハラハラドキドキしました。子どもだけで読んでも大人が一緒に読んでも楽しめます。ホッツェンプロッツは、相手が子供でも容赦はしないので、最後まで目が離せません。大魔法使いが出てきたところで、もう二人は助からないかも。と思ってしまいました。
    良い本は国も時代も越える!と思わせてくれる1冊でした。続きが楽しみです。

    投稿日:2019/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいです

    • ちっちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    少し読みごたえのあるものも読んでほしい、読んでやりたい思い小学1年生の息子に買いました。
    最初は私が読み聞かせましたが、しばらくしてから、自分で読む、といって、毎日少しずつ読んでいす。
    お話は泥棒の話なので、男の子は入りやすいかもと思います。
    絵本から物語への移行本としては少し、むずかしかったかもと思いましたが、内容がよいのか、子供はそれほど難しいとも思わず、物語に出てくる子供がたのしいのか、名前がなかなか覚えにくいですが、それにも屈することなく読破しました。
    挿絵もいい感じで、それも気に入っていました。
    3巻シリーズなので、順に読み進みたいと思います。
    大人も楽しめます。

    投稿日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / エルマーのぼうけん / ルドルフとイッパイアッテナ / ちいさなあなたへ / 100かいだてのいえ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット