宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

くもんの はじめてのおけいこ自信を持っておすすめしたい みんなの声

くもんの はじめてのおけいこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\660+税
発行日:2014年10月
ISBN:9784774323015
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,638
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵が可愛い

    お兄ちゃんがドリルをやっているのを見て、自分もやりたいとせがむ娘に、初めてのドリルとして与えました。
    点と点を結ぶ単純な運筆の練習で、他社からも同じような物は色々出ていますが、こちらはCGを利用している感じがして、新しい印象を受けました。
    ページをめくる毎に、形が複雑になってくるのが娘には楽しかったようで、一気に一冊やり終えてしまいました。
    一つ気になったのは、課題を終えた時に貼るシールを、台紙にまとめて貼る仕様になっている事です。
    自分がやり終えた問題用紙のページに直接シールを貼る場所があった方が、子供に分かりやすく達成感を感じられるのでは、と思います。

    投稿日:2017/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいから最後までやれる

    • サニーふうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、女の子3歳

    長女がくもんのひらがなやかずをやって楽しんでいるのを見て、次女もやりたがったのきっかけにして、こちらを買ってみました。
    初めてのワークブックに、次女は興味津々。絵もかわいくて子どもの興味をひくものばかり。シールもついていて、お姉ちゃんと一緒に机に座って集中してやっています。
    ワークブックは難しいものが多かったり最後まで終わらず投げ出してしまったりしがちですが、くもんのおけいこはちゃんと年齢に合わせてつくられていて、安心。しっかり一冊終えると、達成感を味わうことができるからいいですね。

    投稿日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 書くのが楽しくなる!

    子供が初めて鉛筆やクレヨンを握った時の事は覚えています。夢中になって紙にぐるぐるといった感じで描いていました。必死になって書いている姿がとても可愛かったです。今度は今0歳の子供がこれから大きくなっていくうちにどんな風にクレヨンや鉛筆を持ち、どんなものを書いてくれるのかなと楽しみです。

    上の子はいつもくもんのドリルを使っていましたが、カラフルなのと楽しいらしく「これやってみようよ」と言ってドリルを渡したら喜んで一緒にやってくれました。親子のコミュニケーションを取りながら、遊び感覚でお勉強が出来るのもいいなって思いました。

    今度は下の子が大きくなったら、またくもんのドリルで楽しみながらお勉強をしてもらえたら良いなと思っています。

    カラフルで明るいので、どんな子でも楽しみながら取り組んでくれると思います。とってもお勧めです。

    投稿日:2017/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊びながらえんぴつを動かして

     楽しい絵の中に、線を書き込めるのがいいですね。最初は短い直線から、だんだん長く曲線やジグザグの線の練習ができるようになっています。

     いろいろなパターンの絵が、おもしろいなと思いました。飽きないで練習できそうです。あそびながら、しぜんに鉛筆の動かし方をおぼえられますね。

     少しくらい曲がってもはみだしても、いっぱい描いてえんぴつに慣れるといいですね

    投稿日:2017/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お世話になってます♪

    文字のおけいこに入る前の良い導入教材でした!
    実際、楽しんで遊びながら取り組めるので、自信を持っておすすめできます。どうしても、文字が書けることに焦点が行きがちですが、筆圧が弱い時期は、このようなおけいこ教材で十分に遊ばせるのが良いと思います。
    公文の教材を成長に合わせて使っていますが、子どもの興味を引き出す良い教材が多く、役に立っています。

    投稿日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにおすすめ!!

    娘は今6歳ですが、2歳くらいから、くもん出版さんの
    ドリルを何冊も取り組みました。
    鉛筆を持つことが楽しくなってほしいなと思い、
    よいプリントを探していたところ、いろいろと試してみましたが、
    やっぱりこれがよい!!と思った出版社さんです。
    絵もかわいいですし、レベルもだんだんとあがっていくので、
    自然にちからがついていく感じです。
    「はじめてのおけいこ」は、基礎の基礎といった感じで、
    親子で楽しみながら、取り組んでいくとよいと思います。
    できたらシールを貼るという楽しみも、子どもにはたまらない
    ですよ♪
    しっかりと力をつけてくれるので、おすすめ◎のプリントです!!

    投稿日:2017/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    鉛筆でいろんなものを書いて色んなことに興味のある3歳児。
    お姉ちゃん、お兄ちゃんの勉強の邪魔をするので困っていました。
    これがあると、僕も勉強しているという気持ちになって取り組んでくれ、
    邪魔もしなくなりました。

    お互いにプラスでよかったです!カラフルで分かりやすく。
    シールでモチベーションアップも図れていいことずくし!

    是非是非お勧めです。

    投稿日:2017/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてにぴったり 受賞レビュー

    二歳くらいからお兄ちゃんの真似をして、お勉強したいという気持ちがつよくなります。鉛筆もドリルもどれも、かっこいいな、と見えてくるんですよね。でも何をどうすればいいのか、どう始めたらいいのか、と思ったら、このくもんシリーズがぴったりです。おけいこ、っていう名前はついているけれど、中はカラフルで、とってもおもしろい。その絵を見ているだけでもわくわくします。そして、最初は線を引く、というより、道路を歩きます、とか、迷路のようにここを歩いていこう、と声をかけながら、真っすぐや曲がる線を書かせます。単調なものだと飽きてくる子供も毎回絵が変わるので楽しい。全く飽きずにどんどん進めていきます。できたよシールが嬉しくて、続けることができます。一度やっても、次はクレヨン、次はサインペン、同じところを何度も書き込めるのもいいと思います。
    一番嬉しいのは子ども本人のやる気が続く、ということ。一緒に見ている私も今日はどんな迷路かなーと楽しみになっちゃって、親も飽きません。

    今小学二年生の兄、5歳の兄につづいて、2歳の娘も、同じように、くもんのおけいこブックで、楽しんで字を書く、線を引くことを続けています!
    この楽しいという習慣は、小学生になっても続きます。座って机に向かって集中できるお兄ちゃんを見ると、幼少期から始めた、親子でおけいこ、のおかげかもしれませんね!本当に親も一緒に楽しむつもりで、はじめたらいいとおもいます!

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくやれる!シールがやる気をそそります! 受賞レビュー

    3歳のいとこ(女の子)に買ってあげたところ、
    まずドリル形式を経験したことがないので大興奮!
    お姉ちゃんみたいになれたことが嬉しかったのかな?

    できたね!などイラストが可愛いシールがたくさんあり、
    これまたやる気をそそります...
    ただ線を描くだけじゃなく、どんどん曲線になっていったり
    絵と合わせて書いていくので、なにより楽しい!

    「これはこうしてくねくねしゅるんだよー!」
    と、すごく嬉しそうに書いててこちらも大満足!

    上のお姉ちゃん(5歳)も下の子(3歳)もちろん私も、
    くもんの大ファンです!

    投稿日:2017/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飽きずに最後までがんばっていました 受賞レビュー

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    なかなか「書く」ということをやりたがらなかった息子にも、そろそろ何か始めなきゃなと思い買ったのがこのドリルでした。
    はじめはほんとうに簡単な短い直線を引くところからはじまりました。1回書いてみて、次は違う色でというふうに、何度も同じ線をなぞって楽しそうにしていました。
    1日1ページを登園前にやるようにしていましたが、はじめはページ順にやっていたのが、そのうち、「今日はこれがいいな」と自分で選んで難しそうなものにも挑戦するようなりました。そしてできると自信になるようで、「もう1ページやりたいな」とやる気が見えるようになってきました。
    各ページ毎回場面の違う絵なので、それも新鮮でよかったようです。やった後のできたねシールもうれしそうに自分で選んで貼っていました。

    4歳の息子には簡単すぎるかな?と購入前は迷いましたが、このドリルからはじめてよかったです。上手にできたっていう経験がどんどん自信につながっていくんだなというのを目の当たりにしました。
    今は上のステップのドリルをがんばっていますよ。

    投稿日:2017/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / あおくんときいろちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット