オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

おねえちゃんは天使」 ママの声

おねえちゃんは天使 作:ウルフ・スタルク
絵:アンナ・ヘグルンド
訳:菱木 晃子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784593503773
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,754
みんなの声 総数 5
「おねえちゃんは天使」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ぼく」がほしかった金髪のかつらは

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ウルフ・スタルクの絵本は、
    「死」をテーマにしているものが多いですが、
    読んでいくと主人公たちが結構前向きで、
    読み終えたとき、なんだか重たいものを脱いだ時のような爽快感があります。

    個人的には「おじいちゃんの口笛」「パパがうちゅうをみせてくれた」「おにいちゃんといっしょ」が好きです。
    でも、今回この「おねえちゃんは天使」を読んで、これもいい!と、惚れちゃいました。

    最初、なんで「ぼく」が金髪のかつらを欲しがったのか、すぐ気がつきませんでしたが、ぼくの想いは常に「おねえちゃん」にあったんですね。
    想像していた「おねんちゃん」の姿になることで、ぼくはお姉ちゃんに「世界」を見せてあげようとする。
    「ぼく」って、どちらかというと、どこにでもいるちょっとやんちゃな男の子なんです。
    だから、周りのみんなには「ぼく」の真意が見えない。読み手のこちらにはちゃんと伝わるのに、近くにいるお母さんとか友達には伝わらない。それが少しかわいそうでした。
    でも、「ぼく」のおかげで「おねえちゃん」はこの世に未練なく転生できるんでしょうね。
    アンナ・へグルんどのイラストも、ウルフ・スタングのお話のイメージに合っていて、素敵でした。

    読んであげるなら、小学校の中学年くらいからがいいかな。
    また、こういう言い方をしては、
    当事者の方につらいかもしれませんが、
    兄弟姉妹を亡くされた・身近な友達を亡くされた子どもたちにも読んであげたら、傷ついた心が癒されそうな気がします。

    投稿日:2010/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 天使になったお姉ちゃん

    こちらでのコメントを読むと、みなさん評価が高いのですが・・・
    私には、ものすごく違和感がありました。
    自分が生まれる前に亡くなったお姉ちゃん。
    その存在に、あまりにもとらわれているような気がしました。
    お姉ちゃんのために女装するという行動も、理解するには難しい。

    投稿日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / さつまのおいも / ルリユールおじさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。


絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット