アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ひとりでうんちできるかな」 パパの声

ひとりでうんちできるかな 作・絵:きむら ゆういち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1989年11月
ISBN:9784031310406
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,501
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トイレトレ

    1歳の娘に読みました。2歳をそろそろトイレトレーニングを始めたいと思っているのでまずトイレで何をするかイメージを持ってもらうのにこの本が分かり易いかな、と選びました。しかけをめくるとうんちがポトンと落ちていて、1歳児が見ても分かりやすかったようです。実際トイレができるようになるにはまだ先だと思いますが、一緒にイメージトレーニングができてよかったですし、この本は今後も活躍してくれそうかな、と思います。見開き1ページに大きく描かれているところも良かったです。

    投稿日:2010/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちって何だろう

    トイレトレーニング中の息子に。

    いろんな動物が出てきて、声を変えながら
    う〜〜んう〜〜んと一緒に言って。
    なかでもかいじゅうの大きなうんちのシーンでは
    いつもおっきい〜〜〜という声。
    大好きなシーンです。

    トイレのあとは手を洗って、パンツもはく。
    そんな女の子ゆうちゃんの真似が早くできると
    いいなあと思いました。

    投稿日:2008/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 必読書

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1980年代後半の絵本界を席巻したと言えるきむら ゆういちさんのあかちゃんのあそび絵本の一冊です。
    何て言ったって、144万冊の発行部数を誇るオバケ絵本です。

    シリーズの中で、この本は読み聞かせしたことがなかったのですが、今思えば何よりもこの本こそ必要だった気がしています。
    やはり、この登場人物の親しみ易さもさることながら、うんちの一連の動きがわかる絵本だからです。
    他のシリーズ同様、あかちゃんの心を捉えることは間違いないでしょう。

    0歳〜2歳までの必読書の一冊だと思います。

    投稿日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 注目!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    子供と楽しく遊べるこのシリーズでうんちがテーマの今回も
    ゆうくんは元気なうんち、ぴぃちゃんは小さくて怪獣さんは
    大きいうんちとわかりやすくさくさく読み進めていける
    ので、一歳辺りの子供でも十分注目してくれると思います。
    息子は今の所絵本で一人遊びをする時、家にあるこのシリー
    ズを全て「いないいないばあ遊び」の要領で遊ぶので、大き
    いうんちが怪獣さんに変身!?みたいになってて笑えます。
    犬のコロはおしっこでしたが、最初のページを見ると
    なるほど納得できますよ。

    お気に入りの場面
    息子:いないいないばあと同じ要領のしかけ
    僕:怪獣さんの大きいうんこ

    投稿日:2007/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • オムツはずし苦戦中

    • ぶたももさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子2歳、女の子0歳

    娘がトイレトレーニングに興味持ってくれるかなと期待したものの、その面での効果は今のところはなし。
    「ぴいちゃんうんち!」「かいじゅうさんうんち!」と、オムツにしちゃった自分のうんちの大きさ判定のガイドブックとして活躍中。
    それ以外のときも、とにかく楽しそうに読んでいる、というか遊んでいる。おかげでうんちやおしっこはトイレやおまるにするものという概念はなんとなくわかってきているよう。まあオムツ替えにつきあうのも、あと少しかな。
    あれ、なんかパパがオムツ替えたげるときに限って「かいじゅうさんうんち」してない?

    投稿日:2006/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけを楽しむ

    娘が一歳代の時に見ていた本です。
    子供の視点から上手く描かれています。
    親の視点から見ると、この絵本でトイレの一連の流れがつかめるんじゃないかなと思いましたが、娘はそう言ったことよりも絵本のしかけの方を楽しんでいました。

    投稿日:2004/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい遊び&しつけ絵本です

    • ぽむぽむパパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子5歳、女の子1歳

    「あかちゃんのあそびえほん」シリーズの1つです。おまる、そしてトイレのしつけを楽しく学ぶことが出来ます。キャラクターもかわいいので、1歳の娘のお気に入りです。おむつからおまるへの成長を期待しつつ、一緒に楽しんでいます。

    投稿日:2003/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット