宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おかあさんのおべんとう」 じいじ・ばあばの声

おかあさんのおべんとう 作:たるいし まこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年09月15日
ISBN:9784494003488
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,396
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だいじょうぶ、だいじょうぶ

    表紙のおかあさんのとびっきりの笑顔が凄く素敵で、じっといつまでも見つめていたくなります。笑顔に出会うと笑顔が伝染してしまう不思議な力があると思いました。マミちゃんのおかあさんの「だいじょうぶ、だいじょうぶ。おかあさんは、マミちゃんのおかあさんなんだから。」に、マミちゃんでなくても魔法の言葉に安心してしまいそうです。子育てには、そんな言葉が大切なんだと思いました。明るい、何でも受け入れてくれるお母さんに脱帽です。たとえそれが忙しくて出来なくてもいいかなあって思いました。

    投稿日:2015/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 明るい気持ちになれますね。

    漫画アニメのような
    表情豊かな可愛い絵が
    明るい印象を与えてくれます。
    仕事を持っていてもいなくても、
    子育て真っ最中のお母さんは
    時間に追われて忙しい毎日だと思います。
    私も当時は大変だったけれど
    いまとなっては なつかしく充実していた時間でした。

    楽しみにしている遠足のお弁当、
    時間がなくて失敗しても
    「だいじょうぶ、だいじょうぶ。おかあさんは、マミちゃんのおかあさんなんだから。」
    笑顔で答えて
    なんておもしろいお弁当を作ってるんだろう!
    忙しいときこそ
    こんなふうにするのもすてきですね。
    こどもに安心感を与えるのは
    親の笑顔だと思います。
    子育て中の方を応援してくれているようでした。

    投稿日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ともだち / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット