話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

絵本 はなちゃんのみそ汁自信を持っておすすめしたい みんなの声

絵本 はなちゃんのみそ汁 原作:安武信吾・千恵・はな
文・絵:魚戸 おさむ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年09月17日
ISBN:9784061332713
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,879
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 辛いけれど、前向きな気持ちに

    5歳の子供にお味噌汁の作り方を教える・・・

    一見すると無謀だと思われますが、お母さんの心中を考えると、そうせずにはいられなかった思いが、痛いほど分かります。
    年齢など関係なく、何か我が子のために・・・と考え抜いたのでしょうね。

    けれど家族で前向きに生きていこうとする姿には、とても勇気づけられました。

    投稿日:2019/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話の絵本です

    数年前にテレビでもドラマ化されていましたし、実際にはなちゃんのお母さんも生前にテレビでも出ておられるのも拝見していました。

    実話の絵本です。現在のハナちゃんも先日テレビで拝見しましたが、更にお味噌汁づくりにも家事も上達していて、パパの奥さんのようでした。
    とても素敵な娘さんに成長されていて更に感動しました。

    そのはなちゃんが作るお味噌汁は、主婦の私が作るみそ汁とは大違いです。一から丁寧に丁寧に出汁をとった最高の逸品です。

    はなちゃんのお味噌汁を飲んだらパパが笑ってくれると書いているところがありますが、本当に美味しいのでしょう。

    お母さんは残された時間を、自分で理解し、いのちある限り娘に教えてやれる最大のことを一生懸命教えました。
    毎朝毎朝、お母さんははなちゃんを見守って、怒らないけれど絶対に手伝わず黙ってみていたという描写に母の想いが込められていると思いました。

    天国のママ、はなちゃんがこんなに立派に頑張って生きている姿を誇らしく思っている事でしょう。

    弱いパパの姿も子ども目線で見ていたことも書かれていて、辛い辛い経験をパパと二人三脚で乗り越えてきたことがよくわかりました。

    パパを元気にしたくてお味噌汁を作ってあげたよ
    だってね、お味噌汁を食べるとパパがわらってくれるんだもん

    最後のページの言葉にはなちゃんから元気と勇気をもらいました。

    投稿日:2017/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • みそ汁

    はなちゃんが、母親から伝授されたおみそ汁を、朝5時から起きて作っているのも凄いなあと感心するし、昆布や削った鰹節から出しを取るのも凄いなあと感心することばかりでした。ただ私は、涙を流して読むだけでした。

    投稿日:2017/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の絆

    このお話は、お母さんががんで死ぬ少し前と、死んだ後にお父さんと娘のはなちゃんが頑張って生きていく様子を描いたお話でした。お母さんは自分の病気の重さを知って、はなちゃんに料理を教えたり洗濯を教えたり。岡さんが亡くなった後も、お父さんと協力して楽しそうにしている様子がとっても心打たれました。

    投稿日:2017/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べることの大切さ

    5歳の花ちゃんが
    朝5時から起きて
    毎朝、だしを取るところからお味噌汁をつくる・・。
    それだけですごいなぁと思うのに
    そうなるまでの物語が、また涙を誘います。

    可愛い娘を残して逝く母の気持ちを思うと
    どんな気持ちではなちゃんにお味噌汁づくりを教えたのか・・。

    生きていくことは食べることだと思うので
    幼いころから、ちゃんとした食事をとることの大切さを
    こんな形で授けた母の強さを感じました。

    投稿日:2017/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳の娘に伝えた事

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    乳がんで死期の迫ったお母さんが、5歳の娘に教えたことの実話エピソード。
    今までも新聞記事などで知っていましたが、改めて読んでみるとそのすごさに驚きます。
    お母さんがたった5歳の娘に料理を始め、家事を教えている姿はもちろん、
    その内容にも驚きです。
    味噌汁だって、鰹節削りから始めるのですから。
    それもそのはず、食の大切さを伝えようとしていたからですね。
    はなちゃんもしっかりその精神を受け継ぎます。
    この作品は、小学生時代のはなちゃんに語らせていますが、
    朝5時起きなど、普通の小学生が聞いたら考えさせられるエピソードがいっぱいあります。
    命の大切さはもちろんのこと、家族のありがたさ、食の大切さも体感できると思います。
    リアルな絵も、雰囲気がとても伝わってきます。
    小学生に是非読んであげたいです。

    投稿日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさが溢れる、涙も溢れる

    完結にまとまっていて、子供でも読みやすいけど、大人にもオススメ。
    自分が親の立場だったとしても、多分同じような事をするだろうな、と思います。
    どうしても親目線で読んでしまうので、涙腺がゆるゆるになります。

    投稿日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳からお味噌汁を作っているはなちゃんは素晴らしいと思いますが、それを当たり前のことにしたお母さんの思いが伝わって来ました。
    命が終わることを知っていたから出来たのかも知れないけれど、教え方、突き放し方、自分で覚えることを伝えるということは、決してたやすいことではなかったはずです。
    巻末に掲載されている、お父さん、はなちゃんの文章、大きくなっても父娘で台所に立つ後ろ姿が、とても良かったです。

    投稿日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット