あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

つきのうさぎ」 ママの声

つきのうさぎ 文・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年08月
ISBN:9784323037325
評価スコア 4.29
評価ランキング 16,609
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 神様の意図が…

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    どうして神様はこういうふうに、動物たちを試すようなことをしたんでしょう。うさぎだって、老人(神様)のために毎日一生懸命食べ物を探していたことでしょう。それでもなかなか探せなくてつらい思いをしていたんだと思います。その気持ちを分かってあげてたら、うさぎがこんなかわいそうな目にあうこともなかっただろうに。
    今年はドラえもんの映画も月のうさぎのお話で、それもあって読んだお話ですが、重たい気分を引きづってしまうお話でした。

    投稿日:2019/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の優しさのあり方

    この本を読んで思うことは、
    心の優しさというのは、誰かのために何かしてあげるだけでなく、
    誰かのことを悪く言わないという、
    心の広さもあるとなお良いということです。

    行き倒れの老人に食べ物を運んであげたサルとキツネ。
    その行動は誰にでも出来ることではなく、
    とても優しくて素晴らしいことだと思います。
    けれど、うさぎを責めたことで、意地悪をしたみたいになってしまいます。
    そこに心の広さも必要なのだということを感じるのです。

    投稿日:2018/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 十五夜の由来のお話

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    お腹がすいて倒れている老人のために、
    うさぎときつねとさるが食べ物を探しにいきます。

    さるは柿を、きつねは魚を毎日採ってきましたが、
    うさぎは何もみつけることができません。

    おじいさんのために何も用意してあげることが出来なかったうさぎは、
    自分を食べて、と火の中に飛び込む・・・

    みんなの心を知るために老人の姿になっていた神様は、
    うさぎを月にすませせる、というお話。


    「お月様には、うさぎさんが住んでいて
    十五夜になると餅つきをするんだよ。」
    という話の由来の絵本です。

    投稿日:2015/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくのかえりみち / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット