しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

どこ? どうぶつたちと さがしもの自信を持っておすすめしたい みんなの声

どこ? どうぶつたちと さがしもの 作:山形 明美
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年10月21日
ISBN:9784061332706
評価スコア 4.77
評価ランキング 574
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

34件見つかりました

  • 一番よかったです!

    シリーズの中でこちらが一番よかったです。
    数字が読めるようになってきた4歳の長女と一緒に読みました。
    ちょうど数字の敏感期の長女。
    「あ!3があった」「こっちは5だよ!」など、ずっと声をあげながら探していました。数字を見つけるという単純なことなのに、嬉しくて嬉しくて仕方が様子でした。
    さらに、数字を見つけるだけではなくて、数量をとらえるものもあって、まさに算数の基礎!楽しく学べるとてもよい絵本でした。

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかな結婚式

     動物たちのマンション、管理人はペンギンです。ペンギンの親子が、マンションに住む動物たちに手紙を配っています。

     それぞれの部屋が個性的で、おもしろいですね。こまかくてカラフルで、とても楽しいです。さがしものをしながら、すみずみまで楽しみました。

     リズム感のある文章と、いきいきした動物たちの表情に、わくわくしますね。結婚式の場面は、ほんとうにすてきです。動物たちのにぎやかな声がきこえてきそう、、、。

    投稿日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一石二鳥どころじゃないですよ(笑)

    「どこ?」シリーズの最新刊がでましたー!!
    以前から知ってはいたのですが、なかなか使いこなすことができず、
    ただ眺めるだけーという感じだったのですが、年中になった娘に、
    この最新刊を見せたところ、くいつきましたーーーー♪
    探す遊びの楽しさをわかってくれたようで、毎日毎日眺めては
    「はい、見つけたー」と、遊んでいます。
    今回のおすすめは、とにかく出てくる動物たちがかわいいこと☆
    それぞれのページに、イメージカラーのようなものがあり、
    開くたびに、新鮮な気持ちになれます!!
    娘は、うさぎのパティシエのページが一番のお気に入り♪
    「こんなお部屋に住みたーい」と、いつも話しています!!
    細かいところまで見て、見つけるまで根気よく探しているので、
    集中力もついたように思います。
    一石二鳥、いやいや、三鳥も、四鳥もある、とってもおもしろい
    本です(笑)♪

    投稿日:2015/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ペンギンさんがみんなにてがみを届けていきます。
    表紙にあるようにウェディングパーティも!
    ストーリーと一緒にさがし絵を楽しめます。
    どのページも動物たちがすごくかわいいなーと思いました。
    女の子が喜びそうです。

    投稿日:2015/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい〜!!

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子4歳

    正直、この手の探し物絵本はあまり好きではなく、期待してませんでした。
    でも、絵、というか写真?のあまりの可愛さにやられました。

    動物たちのなんと愛らしいこと。
    一つ一つの細かいつくり。
    細部まで眺めて飽きることはありません。

    どこ?と探すのはもちろん楽しめるし、何より動物達の可愛さに癒されます。

    投稿日:2015/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギン親子きたー!!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    可愛いジオラマで作った探し絵アート、「どこ?」シリーズ。
    ペンギン親子が主人公に採用されている、というだけでも
    気分があがる、最新作!
    可愛さ方面に振り切った、動物満載の絵本です☆

    手紙を配って回るマンション管理人のペンギン親子。
    ふしぎなたびが多い、
    これまでに比べて穏やかなテーマですが
    「可愛い!」に始まり「可愛い!」に終わります。
    表紙からキュートすぎる!全員集合の幸せな風景です☆

    動物好きな娘は大喜びでした。
    個性豊かでお茶目な動物たち、バラエティに富んだ部屋。
    親子でワクワクしっぱなしでした☆
    無理に物を詰め込まない、探しやすいシリーズで、
    大判絵本で見るジオラマのアート自体が、一枚絵として面白い。
    お茶目な動物たちの過ごしかたが見えるお部屋めぐりに、
    最後には幸せなパーティが待つ物語。
    なーんにも探さないで読んでみても、とっても楽しいです♪
    可愛さにすっごく癒される☆
    親子で何度も楽しめちゃう、アートな絵本ですよ!

    投稿日:2015/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこの部屋が好み?

    ミッケみたいなシリーズだなと思いました。が、アパートで各部屋にそれぞれの住人が住んでる設定がとても楽しいと思いました。
    私のお気に入りは、りすの部屋とぞうの部屋、そしてゴリラの部屋です。特に芸術家の象の散らかった部屋は親近感を覚えました。理想は、りすの部屋やゴリラの部屋のように緑あふれる部屋ですが、実際、植物って管理が大変なのよね...
    とてもこまごまとしていて、眺めているだけでも楽しい本でした。ハマる子はものすごくハマりそうですね。入院や病気で安静にしていなくちゃいけない子にとてもおすすめな本です。

    投稿日:2015/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっと女の子向け

    今までの「どこ」シリーズはどちらかというと男の子の方が
    喜びそうな感じでしたが、これは、女の子にはいいですね。
    とにかくかわいい♪

    どこにあるか見つける、間違い探し系にハマる時期にはぴったり。
    これだけ細かくてかわいいと、他の質問も出来て楽しいです。

    投稿日:2015/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまででも眺めていたい

    個人的には、探すとかじゃなくて、ただただうっとり眺めていたい絵本です。
    とにかく隅から隅まで可愛らしいです。
    私のお気に入りは、キリン、リス、ゴリラ、ナマケモノのお部屋です。
    ページを開いて飾ったりしたいなー。

    投稿日:2015/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしいです

    素晴らしい!の一言です。
    とにかく繊細で、動物たちの特徴に物凄く合った部屋や職業が出来上がっていて驚きました。
    パンダの部屋はちょっと目が回りそうでしたが、それも何だか神秘的で楽しかったです。
    見ているだけでもとても色鮮やかで、動物たちの表情も豊かで、何時間でも眺めていられそうな感じです。
    子供たちにとっても、色々と探して遊べるので、雨の日などお出かけできない日には持って来いの本だと思いました。
    とにかく、素晴らしい本だと思います。

    投稿日:2015/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット