いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

どこ? どうぶつたちと さがしもの」 じいじ・ばあばの声

どこ? どうぶつたちと さがしもの 作:山形 明美
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年10月21日
ISBN:9784061332706
評価スコア 4.77
評価ランキング 573
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵過ぎます!

    全頁試し読みで読みました。とても、とても素敵な写真絵本で素敵過ぎます。探しものをするより、自分勝手に楽しんで眺めてしまいました。ペンギン親子が、きりんさんの結婚パーティを動物マンションの住民全員でお祝いするのが一番よかったです。パーティのお祝いのお料理を探すのに俄然張り切ってしまいました。「きりんさん、結婚おめでとうございます!」

    投稿日:2016/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見事な写真絵本です。

    どこ?シリーズですが、
    私はこれで2冊目です。
    お話を読みながら
    写真を見ていろいろさがしてみるのですが、
    老眼鏡をかけても
    すべてを見つけるのは
    なかなかむつかしいですね。
    小さいお子さんのほうが得意かも。

    もともと私はシルバニアファミリーのような小物や
    ドールハウスが好きなので、
    この 動物マンション、
    管理人のペンギン親子、
    住民たちの部屋というストーリーは
    見ているだけでも楽しめました。
    小物使いが見事です。

    管理人のペンギンがたずねていった部屋には
    かならず ふうせんと 「どこ?」の絵本が隠れているというのも
    楽しいです。
    大人も子供も楽しめる絵本だと思いました。

    投稿日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あそぼ、あそぼ!

    この絵本は読み語りは要らないかもしれません。
    あなたの前にいるつぶらな瞳が望むまま、好きなようにお話を膨らませる手助けをするだけでいい。
    小さな頭は精一杯、行ったことのない世界に羽ばたきます。
    たくさんの楽しさにあふれたジオラマのどのページから開いても楽しいことばかり。
    見開きの中にいっぱいに繰り広げられる、それぞれのページがそれぞれに不思議の国になるのです。

    絵本の作家さんが思いがけない隠し絵や遊びを、画面の中に忍び込ませるということを聞いたことがあります。
    だからもしかしたらこの「どこ」シリーズにもそうした楽しい何かが隠されているのかもしれません。
    そんな想像を掻き立てるほどに、「絵」ではなく「クレイ」を使った写真絵本は実に素敵だ。

    投稿日:2015/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット