しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

からすのパンやさん」 じいじ・ばあばの声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 277
みんなの声 総数 459
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「からすのパンやさん」
    かこ さとしさんのお名前も聞いたことがありました。

    先日、「コドモエ10月号」が読みたくて
    購入しました。
    からすのパンやさんショッピングバッグの付録がついていて、
    それを見ているうちに、
    絵本が読みたくなりました。

    とても有名ですが
    私は子育て真っ最中だったころ、
    読んだかどうか覚えてなくて、
    すごく新鮮な気持ちでした。

    私はパンが大好きで
    パン屋さんでいろんなパンを買います。

    からすのパンやさんのご夫婦が
    4羽のからすの子育てに追われ、
    子供たちの成長の様子、
    お店の様子、
    買いに来るお友達や お客さんのカラスたち。
    いろんなカラスの絵や、
    ありえるような ありえないような
    いろんなパン、
    文字と文章で
    読み取り方は 読む人しだいで楽しめそうな絵本だと思いました。

    たくさんのからすの絵があるのですが、
    4羽の子供たちは
    色と名前が結びついて覚えやすいですね!

    1度は読んでおきたい
    みんなが知ってる絵本、
    今回あらためて この絵本に出会えてよかったです。

    投稿日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもから孫へ読みつがれています

    • 柿の木さん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 新潟県

     からすのパンやさんに出合ったのは、今から28年前、5歳だった長女が入院している時でした。私のいとこがお見舞いに持って来てくれたのです。かこさとしさんは「とこちゃんはどこ」の本で知っていましたが、絵が細かくて楽しくて病室で何度も何度も読んであげました。
     そのうち娘は一人で読めるようになり、同室の3歳の女の子に読んであげていました。
     家では2歳下の次女もいっしょに、パンがたくさんあるページで「好きなパンをみっつえらんで」などと言って私も楽しみました。
     数ヶ月前「本屋さんでからすのパンやさんをみつけて、なつかしくて買っちゃった」と2歳の男の子の母親になった次女からの電話。そしてそれが孫のお昼寝前に読む定番の絵本になったようです。「オモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃん」と「かじだかじだおおかじだ!」のフレーズが特に好きでいっしょに読んでいるそうです。
     私も新しいからすのパンやさんを買って、孫がいつ来ても読んであげられるように、本棚に並べました。

    投稿日:2013/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焼き立てのパンが食べたくなる…

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     「かこさとしおはなしのえほん」シリーズ(全10巻)の中でも
    特に気に入っている1冊。

     カラスの町のパン屋さん夫婦と4羽の子どもたちが考えた
    素敵におもしろいパンが大評判…
    文章はテンポが良く、カラスたちの会話も生き生きとしているから
    読み聞かせにぴったり。
    とはいっても無理にそのまま読まなくても大丈夫…
    子どもと一緒に新しいパンを考えたり、絵を見ながらあれこれ
    脱線するのも楽しい…

     素朴な水彩画で圧倒的にたくさん描かれたカラスたちや
    色々な形のパンたち…かこさとしの絵本はどれも子どもが喜び、楽しむ視点がある。
    それがすばらしい
     
     作者の理系キャリアから生まれた知識絵本もまたいいのだが、
    それはまた別な話…

    投稿日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人で読んでいたんだなあ・・・・・

    「知ってたぁ? この絵本大好きだったんだよ・・・・・」って、孫が

    生まれた4年前に次女から何気なく聞いた言葉に知らなかった私は、シ

    ョツクを受けました。その時に一緒に読んだ本なのか、次女が自分で読

    んだのか記憶にないのですが、早速図書館から借りて読んだ私でした。

    家族で一緒にカラスのパンを作るのが嬉しいし、色々な形に出来上がる

    パンに憧れたり、羨ましかったりしてたかなあ?ってその頃の次女を懐

    かしがったりして微笑んでしまう私でした。家でも毎日パン作りをして

    た頃があって楽しかったなあって思ったりこの絵本で昔の思い出に慕っ

    てました。今度は、孫に購入して読んであげようと思ってます。

    投稿日:2011/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝るとき絵本の定番

    3歳半孫娘のお泊りお休み絵本の定番になっています。
    寝る前に何冊もの絵本を引っ張り出して読まされますが、この本を最後のお楽しみにし、何回目かに、「パンがたくさん出てくるまで眠らないよう頑張る」と、ウトウトしながら聞いています。読み終わってそーっと見ると安らかに寝入っています。
    カラスか、パンか、いつかどこかで体験した森の風景か、まるで夢の中で楽しんでいるように。

    投稿日:2006/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / よるくま / バムとケロのもりのこや

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット