虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

からすのパンやさん」 その他の方の声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 276
みんなの声 総数 459
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お腹も心も満腹に

    私が幼稚園児だった頃に買った「からすのパンやさん」。
    パンが大好きだったので、今でもお気に入りの絵本です。

    この話は、からすの夫婦に4匹の子供が産まれます。
    4匹とも違う色をしていました。
    そんな4匹のいたずらによりパンやは…。

    大好きなページはあの見開きのページ。
    ずらりと並んだたくさんのパンは何度見ても飽きることはありません。
    「このパンいいなぁ」などと言いながらパンを数えてみたり…。

    そして、この本に登場するからすは、1匹1匹の柄や顔が違うのでも嬉しい。ついついじーっと見てしまいます。

    また、絵本にからすを登場させる加古さんもすごい。
    からすは人間からは少し嫌われているイメージがありますが、この本を読んだ後は、からすの見方も変わったような気がします。

    読んでいると、私も泉が森のからすのパンやさんに行きたくなります。私の1番のお気に入りの「きつねパン」を買いに。
    チョコちゃん達が食べていた、こげたパンも食べたいな。

    投稿日:2013/06/07

    参考になりました
    感謝
    4
  • 子供の頃に出会いたかった。

    • 由衣2さん
    • 20代
    • その他の方
    • 群馬県

    私は小さいころから本が大好きで、
    絵本に関してもたくさん読んできたつもりでした。

    ところがこの絵本のことは大人になるまで知らず、
    つい最近初めて読みました。

    大人が読んでも楽しくて、お気に入りの1冊になりました。
    と同時に、「子供の頃に出会えていたらな」と思いました。
    もし幼稚園くらいの頃に私がこの絵本を読んだとしたら、
    間違いなく、今以上に夢中になったはずです。
    なので、小さなお子さんをお持ちの方は、ぜひ、
    子供の頃にこの絵本と出会わせてあげてください。

    この絵本の見どころは、見開き2ページにわたって描かれた
    たくさんのパンだと思います。
    どのパンも美味しそうで、見ているだけで楽しいです。

    ただ、私の1番お気に入りのページはここではありません。
    私のお気に入りは、チョコちゃんたち4兄弟が、
    お父さんと同じ帽子をかぶり、頑張ってパンを作っているところです。
    1人前に張り切っている姿が微笑ましくて、応援したくなります。

    からすは怖くて不気味なイメージがありますが、
    この絵本のからす達はとてもかわいくて、
    からすに対する見方がちょっと変わるかもしれません。
    あんなカラフルなからすが、現実にもいたらいいのになと思います。

    投稿日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    3
  • ここが、いずみがもり?

    我が子が小さいとき、とても楽しんだ思い出の1冊です。
    からすの夫婦が、パン屋を営んで、子どもたちを一生懸命に育てます。

    その一生懸命さに、作者のかこさとしさんの、深い愛情が表れています。
    森のなかで、こうばしい匂いがして、風車が見えたら、そこが、からすのパン屋さんのある、いずみがもりなんですよ。

    投稿日:2017/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • げんきもらった

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     胸のすくような反応、いえ、うるさいほど元気な反応をおこす絵本です。ふしぎですね。こちらのカラス家族は、こどもにとって仲間、ともだちのようです。
     発刊以来40年のロングセラー。かこさとしという作家が、こどもらに仲間の称号を与えられた証でしょう。末永い創作活動に、こころから感謝いたします。

    投稿日:2013/11/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思い出の一冊

    小さいころに母親がよく読んでくれていた本の中の一冊です。
    自分も子供が欲しいと思う歳になった今、何故だか無性に

    “もう一度あの絵本を読んでみたい”

    と思って自分用に購入しました。
    約20年ぶりにこの本を読んで
    お父さんからすとお母さんからすが2羽とも育児をしているところや
    貧乏でも子供が元気ならそれで良いといった感じ
    家族皆で協力してお店を立派にしていく内容から
    “家族のあり方”を教えてくれていたのかなと思いました。

    自分の子供にも是非読んであげたい本です。

    投稿日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 既読の方も大型本でもう一度!

    • アルゴドンさん
    • 40代
    • その他の方
    • 茨城県
    • 女の子9歳、女の子3歳

    図書館で借りようと思ったら貸出中。係の方が『これならあるんですけど....』と遠慮がちに出して下さったのが縦50cm横40cmの大型本。もちろん借りて来ました。大きな絵本ってだけでもわくわくするけれど、開いた時の迫力がたまりません!
    子供たちも大喜びで、いろんなパンが並ぶ場面ではみんなで『わ〜〜〜〜おいしそうっ!!』と声をあげてしまいました。シンプルなタッチのように見えて、香ばしい香りがたちのぼってくるようなパンの絵には本当に目が釘付けです。
    それから、これでもかというほど大勢のからすが登場しますが、それぞれの表情が一羽一羽全部ちがうんですね。一羽一羽のストーリーを想像してみたくなるほどです。
    あとがきに『個々の生きた人物描写と全体への総合化の大事なことを、わたしはノイセーエフから学び、さて、からすの一羽一羽に試みてみたのがこの作品です。』とあるのを読んで、なるほどと思った次第です。かこさんの絵本の魅力はこのあたりからうまれるのかもしれませんね。
    すでに読んだことがある方も、新たな感動があるかもしれませんよ〜。

    投稿日:2007/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • パンがいっぱい・・・

    いずみがもりのからすのパンやさん夫婦、子供への深い愛情。パンやさんの仕事もほったらかしになり
    売れ残ったパンは子供達のおやつになり・・・
    そのおやつが評判になり、また店は大繁盛。
    読んでいて子育て中を思い出してほほえましく。

    加古さんの作品は、小物が沢山出てくるので見ていても飽きませんねぇ。
    子供達の一番のお気に入りは、やはり、2ページ一杯に描かれた沢山の種類のパン。

    投稿日:2002/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんなパンやがあったなら・・・

    • 三毛猫さん
    • 20代
    • その他の方
    • 石川県

    私が保育園に通っていた頃、とても人気がありなかなか借りられなかった、くやし〜い思い出のある一冊!
    ちいさなパンやのちいさな4羽のからすちゃん達。
    「こんなパンがあったらなあ」「こんなパン食べてみたいなあ」「こんなパン作れるの?」などなど次から次へ楽しい気持ちがかきたてられます。
    あなたにもきっと気に入るパンがみつかるはず!

    もしこんなパンやがあったら、どうかご一報を!!!

    投稿日:2002/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い本ですね

    絵よりも字が多い感じの本です。孫はパンのたくさん載っているページがなによリお気に入りのようです。文章を読んでいると少し長いせいか飽きてしまう感じもあるのですが、楽しい本で、これからもう少し大きくなるともっと楽しんでもらえると思います。

    投稿日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族とは・・・

    • テラニィさん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都
    • 女の子0歳

    ちいさいころからかこさとしさんの作品にふれてきましたが、
    からすのパンやさんは初めて読みました。

    4人子供がうまれててんやわんやするからすの夫婦。

    子育てと仕事の両立が大変で、家は貧乏に・・・


    家族みんなで作ったパンのバラエティにとんだ形。実際つくれないだろうけど、あったらたのしいパンたち。
    登場してくるからすたちがとても個性的で、とても見ごたえのある作品だとおもいました。


    普段カラスは怖い存在ですが、絵本のカラスは生き生きとしていて、
    好感をもちました。

    投稿日:2013/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / よるくま / バムとケロのもりのこや

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット