でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

からすのパンやさんふつうだと思う みんなの声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 277
みんなの声 総数 459
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二歳にはまだ早かった

    • おかなしこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    旦那が小さい頃好きだったと聞いて、二歳の息子にまだ早いかなと思いつつ、与えてみました。

    やはり、まだ早かった様子。
    シンプルな絵は、子供の想像力を刺激させるにはよいですが、冒頭は少し寂しげな森に黒いカラスが飛んでいる様子から始まるので、掴みがイマイチです。

    図書館には、同じ「カラスのパン屋さん」の、DVD が置いてあって。そちらはパンを捏ねるときに賑やかな歌が歌われたりで、まだ食い付きがよいです。

    しかし研究によると、アニメ化された物の絵本(キャラクターものなど)は、声や歌など想像力を広げずに限定した世界を押し付けてしまうので、あまり有効とはいえないようです。

    今はまだ無理をせず、三歳になってから、改めて忘れた頃に読ませてみせたいなと思いました。パンが沢山載ってるページは喜んでみています。

    投稿日:2019/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • からすのパンやさんは、どこかで聞いた覚えがあったので、読んでみました。
    絵本の中のイラストは、昔懐かしい感じがします。
    冒頭部分で、4つ子の赤ちゃんが生まれて、おとうさん、おかあさんの育児と自営業の大変さを描いています。
    昭和の作品ですが、育児におわれ、仕事がうまくいかず貧乏になってしまった姿は、現代の育児事情と重なるものがあります。
    つい、大人目線で読んでしまいました。

    続編があるので、子供が大きくなったら全作品、一緒に読んでみたいです。

    投稿日:2018/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早かったかな

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    有名な絵本なので、購入してみました。

    息子が好きなのはパンがたくさん出てくるページと消防車等が出てくるページ。
    その他はほとんど見ず、飛ばしてしまいます。
    2歳になった現在はこの絵本に手を伸ばすこともなく、我が子にはまだ早かったのか好みではなかったのか…。

    図書館で借りるだけで良かったかなと思いました。

    投稿日:2014/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な使い道があった一冊

    • 赤かっぱさん
    • 40代
    • パパ
    • その他
    • 女の子3歳、男の子0歳

    この本は出版が1973年と古く、既に家庭によっては親子二代で受け継がれる名作の一つになっているのではないでしょうか?
    おぼろげな記憶なんですが、我が家では娘が二歳半を過ぎた秋頃(二歳10ヶ月頃?)にブームが到来しました。もちろんまだ読み聞かせてもストーリーをちゃんと理解できているようではありませんでしたが、ちょうど日本語・オランダ語を問わず語彙が急激に増え始めた時期であり、この本に描かれたいろんな種類のおもしろおかしいパンに目を輝かせ、一つ一つ指さしては確認するように憶えようとしているようでした。小さいお子さんにはこうした使い道もあるんですね。
    ただし、でんわパンやテレビパンなど、今の時代には既に存在しない造形のものや、かみなりパンやおそなえパン、てんぐパンなど、娘の身近に見られないため説明に窮するものがありました。逆にこうしたものが将来、会話のネタになりそうではあります。
    からすがパンをこねたり、からすの乗る救急車や消防車が登場したりと、物語そのものはかなり現実離れした面がある割には文字が多く、対象年齢不明な感じがしないでもありません。読み聞かせるには難しく、自分で読むにはストーリーが幼児向け過ぎるような。難しい一冊ですね。
    三歳二ヶ月になった現在、再びちょっとしたブームになっていますが、明らかに以前とは異なったリアクションに、この絵本の真の魅力を探ろうとしているところです。

    投稿日:2007/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の娘には不評?

     ここでの評判がよかったので購入してみましたが、わが家の娘にはイマイチのようです。 カラスが好きじゃないからかもしれません。
     たくさんのパンの中からお気に入りのパンを指させる所は、家族でコミュニケーションがとれるので、その場面は、私のお気に入りです。娘は、のこぎりパンが気になるようです。ウチにないものだから?かな。

    投稿日:2006/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのパンのページにいたるまで

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    この本、ストーリー、イラスト共に私は好きなんですが、我が家では★3つです。

    なぜかというと、あのパンのページにしか興味がないからです。そういう意味では「はらぺこあおむし」と同じ反応です。

    ただ、私もちょっと文章が長すぎるかなと思うページがあります。文字が大半を占め絵が挿絵のようになっているページはやはり幼い子供は面白くなかったのでしょう。
    ストーリーがとてもいいと思うので、もう少し年齢が大きくなったときにチャレンジしてみます。

    投稿日:2006/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あんなパン、こんなパン

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    からすのパンやさんのうちに4羽の赤ちゃんが生まれたところからお話しが始まります。赤ちゃんの世話におわれ、お店がおろそかになりだんだんお客さんが来なくなってしまって・・・。でもみんなで考えて作ったとってもステキな、かわったかたちの、たのしいおいしいパンは大人気!でもこの本は、我が家の子供たちの息の長いロングセラーにはなりませんでした。

    投稿日:2002/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / よるくま / バムとケロのもりのこや

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット