宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

絵本で出会う星の王子さま自信を持っておすすめしたい みんなの声

絵本で出会う星の王子さま 原作:サン・テグジュペリ
訳:工藤 直子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2015年11月13日
ISBN:9784865490541
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,593
みんなの声 総数 2
「絵本で出会う星の王子さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長く読める絵本!

    幼児にも読み聞かせやすい文章と長さで,まさに「絵本で出会う星の王子さま」でした!
    内容は奥深いので,小学生になっても中学生になっても大人になっても開いてみても何か感じることはあると思います。
    そういう意味でも長く読める絵本だと思いました☆

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画もやってます

    この絵本は、星の王子さまが小さい子でも読める感じに短く書き直されたものだと図書館の人に勧めらてたのと、映画もやるという事で読んでみました。星の王子さまが色々なく星へ行って色々な出会いをして、出会いや別れを経験して素敵に成長していく様子が素敵なお話でした。

    投稿日:2015/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット