新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

クリスマスの森」 ママの声

クリスマスの森 文:ルイーズ・ファティオ
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:土屋 京子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:2015年10月10日
ISBN:9784834081053
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,325
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 柿本さんの絵本と同じ!と思ったら

    クリスマス時期にぴったりなお話です。
    以前、柿本さんの絵本で全く同じ内容のものを読んだ記憶があって、驚いたんですが、ここのレビューを読んで納得しました。
    個人的にはお話は好きだけど、柿本さんバージョンの方が好きです〜。好みでどちらか選んで読むか読み比べしても楽しいかも。

    投稿日:2016/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なクリスマス絵本!

    ロジャーデュボアザンさんのイラストがとても素敵なクリスマス絵本です!
    ちょっとレトロで懐かしささえ感じる温かみあるイラスト,とても魅力的でした。
    そして,クリスマス絵本では珍しく(!?)サンタクロースの奥さんが登場する内容も新鮮でよかったです。
    森の動物達の助けで一件落着,ハッピークリスマス!!
    大人が読んでも,この素敵なイラストとほんわかするお話に,☆5です。

    投稿日:2015/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は、クリスマスのイブの日にプレゼントを配らなくてはいけないサンタさんが眠ってしまって、そのかわりに森の動物たちがプレゼントを協力して配ってあげたお話でした。サンタさんへのクリスマスプレゼントって、なかなかしゃれていてステキなお話でした。

    投稿日:2015/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタクロースにだって、素敵なクリスマス

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    『THE CHRISTMAS FOREST』が原題。
    邦訳は今年ですが、原書は1950年の作品です。
    サンタクロースのクリスマスプレゼント配りの様子を描いた作品。
    準備万端で出発したサンタクロースですが、
    奥さんの忠告を気にしつつも、さっそくお弁当を食べてしまうのですね。
    奥さんの予想通り、眠り込んでしまったサンタクロース。
    え?未配達のプレゼントは?
    森の動物たちの気配りで、無事配達されますよ。
    森だからこその展開に、心まで温まる思いでした。
    思いやりにあふれているからこそ、サンタクロースの失敗も笑い話に昇華されます。
    デュボアザンの絵は、古風ですが落ち着いていて、聖夜にぴったりの雰囲気を伝えています。
    子どもたちの夢にそっと寄り添った作品だと思います。

    投稿日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰かを思う、クリスマス

    サンタさんがお仕事前にまさかの居眠り!?
    やさしくて賢いキツネのアイディアで、どうぶつたちが代わりにプレゼントを届けます。

    「クリスマスはプレゼントを贈ること」に忙しくなりがちな私たちですが、大切な誰かやまだ知らない誰かのために心を砕くことの大切さを教えてくれます。

    サンタの奥さん(という設定が斬新ですが)の手作りお弁当が、これまたおいしそうなこと!

    2015年の新刊ですが、「世界傑作絵本」シリーズからの復刻版(というのでしょうか?)なのですね。
    文章といい、イラストといい、少しレトロな感じがしますが、それがまたお話の雰囲気とよくあっているように思いました。

    投稿日:2015/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょいといっぱいのつもりが、・・・

    ごきげんなライオンシリーズのファティオ&デュボアザンコンビの作品です。

    サンタ・クロースが、1年で一番大切なお仕事に出かけようとしています。
    奥さんがお弁当を作ってくれました。
    ハムとピクルスとチーズのサンドイッチが三つ。
    クリスマスケーキも大きなのを三きれ。
    あつあつのコーヒーも。

    なんとも甲斐甲斐しい奥さんです。
    出かけるまで、サンタさんにいろいろと注意もしています。

    ところが、プレゼントを届ける最初の家を前にして、眠気が襲ってきて、コーヒーを一杯飲もうと森のはずれにそりを止めました。

    ちょいといっぱいのつもりが、お弁当のはこを開け、サンドイッチとケーキのにおいをかいでしまって、・・・・・・。

    そうです。あったまって、さらにおなかいっぱいになったら、・・・・・・。

    サンタさんお疲れだったんですねぇ〜。
    プレゼントを配るこの日まで、きっとおもちゃ作りで寝てない日も多かったんでしょう。

    この後、小さい読者さんたちは、読んでいて慌てるに違いありません。
    プレゼントは、どうするの?間に合うの?うちに来ないかもしれない。なんて心配するでしょうね。

    森の動物たちの活躍で、すっかりサンタさんのお仕事が終わりました。
    サンタさんが目覚めると、雪に残された動物たちのメッセージが可愛いんです。
    さらに、サンタさんが残したお返事のメッセージもまた素敵でした。

    投稿日:2015/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。


みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット