新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ

クリスマスの森」 その他の方の声

クリスマスの森 文:ルイーズ・ファティオ
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:土屋 京子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:2015年10月10日
ISBN:9784834081053
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,332
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  ちょっとゆかいで、心温まるクリスマスの絵本です。

     赤、緑、茶色、そしてほんの少しの黒という色数を抑えた画面は、シックで落ち着いています。でも、赤と緑というクリスマスカラーによって、クリスマスのわくわく感も伝わってきました。文字は緑のインクですが、絵に馴染み、絵との一体感が感じられました。

     サンタクロースが奥さんからお弁当を手渡され、お仕事の前に食べてはダメ、眠くなるから・・・、と注意される場面で 物語のだいだいの予想がつきました。思わずニヤリ。そうです。やっぱり食べてしまうのです!そして、そのまま夢の世界へ・・・。子どもたちが楽しみにしているプレゼントはどうなるのかな?

     心優しい動物たちがいて良かったです!動物たちがプレゼントを携え、四方八方に駆け出していく場面は壮観です。「使命を果たすために頑張るぞ!」という動物たちの気持ちが伝わってきました。今さらながらですが、ロジャー・デュボアザンさん、絵がお上手だなぁと思いました。そして、陣頭指揮をとったキツネさん、最後までありがとう!

    投稿日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 森の動物たち

    少し早いですが、そろそろクリスマスの絵本を探したくなってきました。少しこぶりのこの絵本。表紙にひかれて、手に取りました。
    物語は、森の動物たちが沢山でてくる、心あたたまるお話です。
    そして、やっぱり、ロジャー・デュボアザンの絵がとっても素敵でした。
    今年のクリスマスの一冊にしたいと思います。

    投稿日:2016/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新しい絵本コーナーにあり
    夏に・・・クリスマスかい・・・と
    思いましたが
    絵の雰囲気が素敵なので
    借りて、涼もうかと(笑

    ん?

    お話の内容が
    くいしんぼうのサンタさんが
    途中で、いねむりして・・・
    心優しいきつねさんが・・・

    あれ?
    これって大好きな柿本 幸造氏の絵の
    「サンタおじさんのいねむり」じゃない???
    むかしむかしの絵本持っています!!
    間違いないな・・・
    やっぱり!!
    と、作者が同じでした

    絵の雰囲気が違いますが
    ほっこりするのは
    原作がしっかりしているからでしょうね

    訳の仕方の違いでしょうか
    「サンタおじさんー」の方が
    私的には、すっきりしていてスキです

    どちらも読んでみることを
    お薦めします♪

    投稿日:2016/08/05

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット