でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

マンモスとくらすには」 ママの声

マンモスとくらすには 著:カンタン・グレバン
訳:青山 花
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年09月
ISBN:9784861012822
評価スコア 4.15
評価ランキング 20,652
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カンタン・グレバン

    カンタン・グレバンの絵本が大好きです。今回も、おしゃれで楽しい作品でした。
    マンモスと暮らすための10の方法。その1どこへでもいっしょにいく、その2よふかしはさせない。などなど、ユーモアたっぷりに語られます。
    キュートな挿絵をみているだけで楽しい。ぞうがバレリーナになってたり、エルマーのようなパッチワーク柄のぞうがいたり。。。トイレットペーパーがピンクなだけでもかわいく見えちゃいます。
    子供たちもお気に入り。マンモスと暮らしたくなっちゃったみたいです。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 斬新な How to

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子6歳

    マンモスの育て方のHow to 本です。
    その1 どこへでもいっしょにいくこと
    その2 よふかしはさせないこと
    10まで続く育て方が、どれもありえなくて楽しい。マンモスがトイレでうんちをしていたり、かくれんぼをしていたりバレエを習ったり。絵とマンモスのミスマッチ感がユーモアいっぱいです。

    投稿日:2019/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりにも非現実的すぎて、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    何ともコメントしがたい感じです。いくら外国の家が広いとは言え、流石にマンモスとは暮らせませんよね。マンモスと言えど、基本、なりが大きいだけで飼い方自体は犬や猫とそう変わらないと感じたのは私だけでしょうか?

    投稿日:2017/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    男の子がマンモスと暮らすにあたって守るべきルールを教えてくれる本です。
    とてもかわいい絵と、ちゃめっけたっぷりな展開が魅力的です。こんなかわいらしいマンモスなら一緒に暮らしたくなりますね。
    表紙の感じから5歳くらいからかなと思ったのですが、短い絵本だったので、3〜4歳くらいから大丈夫そうです。

    投稿日:2017/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい想像力!

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    マンモスとくらす?無理でしょう。
    でもね、想像力豊かな子供たちの手にかかれば、たちまち家にマンモスがやってきちゃう。

    ただ、以前にたようなお話を読んだような気がするので、目新しさはないけど、最後のページに、男の子がマンモスのぬいぐるみを持っているのがオチなのかな。うん、きっといつも一緒にいるお気に入りのマンモスのぬいぐるみなんだろうね。

    そんなこどもの気持ちになって書かれたお話しみたいです。

    投稿日:2016/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンモスと暮らすハウトゥー本

    この絵本は、もしもマンモスと暮らせたら注意しておいた方がいいことが載っていました。うちの子はこの絵本を見てマンモスを買てみたくなったらしく、「ほんとにマンモス飼えたらいいね!!」と言って自分が本当に飼うのをイメージしながら見ていたそうです。

    投稿日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ねぇママ、どうして・・・・・・」・「ねぇパパ、どうして……」・「オルガの世界一周」のグレバンさんの作品です。

    タイトルから想像できる愉快な作品でした。

    カバー折り返しの文と見返し前の絵で、もうお話は始まっています。

    マンモスと暮らすための十か条。
    どの絵を見ても、あ〜〜〜、危ない危ない!え〜〜〜、そんなぁ〜!
    あらあら、やっちゃったわねぇ〜、と声が出てしまいます。

    たてがみの可愛いマンモスくんが、飼い主の男の子に従順にされるままになっている絵に笑っちゃいます。
    相当無理な二人の生活を、淡々と「大丈夫暮らせる!」と確信を持って語る男の子も可愛い。

    でも、最後の見開きで、左にはマンモスの可愛いぬいぐるみ、右には枯れ葉落ちる森の中肩を並べる本物のマンモスくんと男の子の後ろ姿。

    一緒に住みたくて、この十か条を考えていたのかな?
    それとも二人の生活に破綻が来て、森へ帰そうとしているのかな?
    いえいえ、見返し後ろを見ると、この十か条を考えて、家に連れて帰って来たんでしょうね。

    投稿日:2015/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに惹かれて

    お気に入りの恐竜展に行くと、よくマンモスの骨も展示されているので、
    ちょっと興味を持ち始めた4歳の息子と読みました。

    かわいくて、ユーモアのある絵本。
    タイトルに惹かれました。
    が、当の息子は「えー、今もマンモスっているの?」とちょっと不思議そう。
    が、気を取り直して。。(親はどう説明するのがスマートなんでしょう?)
    マンモスがトイレに入っているところには笑っていました。
    楽しかったようです。

    投稿日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真剣です

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    ベルギー出身の作家による作品。
    ええ、題名の通り、マンモスと暮らすにはどうしたらよいか、
    主人公の女の子といっしょに真剣に考察しましょうね。
    食事、お風呂、トイレ、などなど。
    突っ込みどころは多々ありますが、彼女の提案にはしっかり耳を傾けてあげてくださいね。
    最後のページの絵をどう読み取るかが鍵でしょうか。
    彼女の真剣さに、拍手!

    投稿日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構面白い

    マンモスと暮らすときの注意がいくつか書いてあります。

    マンモスは、おつかいはカートにのせるとか(買いたいものがのらなくなるけど)、二段ベッドの上に寝てベッドがしなっていたり、スパゲッティーやマカロニやトルテリーニなどをたっぷりあげるとか、お風呂で洗ってあげたり、、、そして運動させること、といってマンモスをのせて子供が自転車に乗ったりマンモスにチュチュを着せてバレエをさせたり。アーティストとして絵を描いたり描かれたり。

    荒唐無稽ですが面白い発想だと思いました。ただ、オチはないです。

    投稿日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット