オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

クリスマスイヴの木」 みんなの声

クリスマスイヴの木 文:デリア・ハディ
絵:エミリー・サットン
訳:三原 泉
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2015年11月01日
ISBN:9784776407195
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,832
みんなの声 総数 7
「クリスマスイヴの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスの奇跡

    大きなもみの木にからまって、十分に成長できなかった可愛そうなもみの木が、クリスマスの出来事で公園にのびのびと根をはる大樹となることが出来ました。
    偶然の積み重なりが起こした奇跡が素晴らしいと感じます。
    でも、このもみの木にチャンスをくれた男の子は、ストリートチャイルドでした。もみの木に素晴らしいプレゼントをしながら、どこかへ移っていってしまいます。
    本当はこの少年が幸せをつかんでくれることが、このもみの木にとって一番の喜びのように思えるのですが。

    投稿日:2017/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幸せなモミの木

    クリスマスが近いので、借りてきました。

    大きくなりきれずに育ったモミの木が、男の子にもらわれて、そこでささやかなクリスマスツリーとして飾られるんです。その男の子はお家がなくて・・・。

    大きな家で盛大なクリスマスツリーとして飾られるわけではないのですが、とても幸せなモミの木の様子に、心が温まります。

    隠れた名作ではないかな?と思います。

    投稿日:2018/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな光景もあるということ

    『The Christmas Eve Tree』が原題。
    森の中で、窮屈に育ったモミの木が主人公。
    小さなモミの木は、植え付けの悪さから大きく育てず、
    他のモミの木のようにクリスマスツリーにはなれなかったのです。
    でも、ひょんなことから、ストリートチルドレンの少年に拾われ、
    ささやかなツリーになるのですね。
    この小さなモミの木の運命にも心が痛みますが、
    少年の境遇も衝撃的です。
    クリスマスイヴにも、こういう光景が現実にはあるということを
    突きつけられます。
    その後の展開は、まさに奇跡ですが、おや、あの少年の姿がまた!?
    幸せに暮らしていることを祈るばかりです。
    しみじみと理解できるのは、小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひょろひょろのもみの木

    誰からも必要とされないと思っていたひょろひょろのもみの木が、一人の少年に引き取られて、橋の下でろうそくを飾られて橋の下で暮らす人々や道行く人々にも優しくキャンドルを灯すことが出来て本当によかったです。それだけではなくて、ひょろひょろのもみの木は、公園に植えられて立派に育ったのは、私に希望を与えてくれました。街の風景の絵がとても綺麗で素敵に描かれていてうっとりとしました。

    投稿日:2016/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  •  大きく育つことができなかったモミの木は、クリスマスツリーとして買われることなく、お店の人に捨てられそうに・・・。その時、そこに居合わせた男の子が、そのモミの木を貰って、橋の下に帰っていきます。

     モミの木は ろうそくを飾ってもらい、橋の下で暮らす人たちや、通りがかりの人たちと一緒にクリスマスを祝います。モミの木は幸せで一杯!そして、幸運はまだまだ続きます。普通のクリスマスツリーがやがて燃やされてしまう中、この木は公園に植えられ、大きな木に育つのです。

     一見、不幸に思えることがあっても、思いがけない偶然が重なって、物事が好転していくことがあるのだなぁ〜と嬉しくなりますが、最初 読んだとき、男の子のことが気になって仕方がありませんでした。小さな可愛い男の子が、たった一人で、橋の下でホームレスの暮らしをしているのです。町は落ち着き、華やかなのに、そんな中、なぜ? モミの木は幸せになったけれど、男の子はこれでいいの?と。

     とても素敵な絵本なのに、作者は なぜ あえてこの設定にしたのだろう?と、心底嬉しい気持ちにはなれなくて、もやもやしていましたが、再度、よくよく最後のページをみると、「もしかしたら、モミの木を見上げているこの男の人は・・・!?」と思うようになりました。

     「こんな日がくるとはねえ・・・・・・」というモミの木の言葉。それは、自分のことだけでなく、あの男の子のことでもあるのではないでしょうか?そうだと信じたい、いいえ、きっとそうに違いない!と思います。

     おしゃれで温かみのある素敵な絵によるクリスマスの絵本です。

    投稿日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年のその後が

    まだ読んだことのないクリスマス絵本が読みたくて、探していたときに見つけた絵本です。今年の新刊クリスマス絵本でした。
    クリスマスイブに売れ残ってしまった、曲がって育ったちいさなもみの木のおはなし。その木はホームレスの少年にもらわれ、橋の下ですてきなクリスマスを過ごし、とうとう公園の大きな木になります。
    もみの木の成長は見届けられたけれど、あのホームレスの少年は、その後どうなったのかしら?などとついつい想像してしまう、余韻の残るおはなしでした。

    投稿日:2015/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇跡のおこり方

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    「奇跡」って
    だれかの小さな親切や、
    だれかの優しい心や、
    だれかの小さな願いが
    ちょっとずつちょっとずつ重なって・・・
    そういうところに
    ある日生まれるものなのかもしれない。
    そんな風に思える、あたたかくて素敵なお話です。

    クリスマスを祝う街や人々の
    華やかな様子の絵を見ていると
    見ているこちらもクリスマス気分が盛り上がります。

    それとともに、
    きびしい現実の中にも
    「楽しむ」という心の余裕を忘れない少年の姿が
    印象に残りました。

    あの少年、将来立派な大人になって
    とても幸せに暮らしていそうな気がします。
    奇跡がおきた、あのもみの木とおなじように。

    投稿日:2015/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット