むれ むれ むれの試し読みができます!
作: ひろた あきら  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
【ピース又吉直樹 推薦!】読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本
李子(ももこ)さん 30代・その他の方

ちがっててもいいよ
最初のうちは群れの中にいるたった一つの…

14ひきのやまいも」 みんなの声

14ひきのやまいも 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年07月
ISBN:9784494006229
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,097
みんなの声 総数 91
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

91件見つかりました

  • お気に入りです。

    14ひきシリーズ、娘も私も大好きです。
    とても心が落ち着くし、自然の大切さを再認識出来ます。
    先日、いわむらかずおさんの美術館に行った時、敷地内を散策しているとむかごがなっていました。
    14ひきのねずみと同じで、なんだか嬉しくなりました。
    娘もこの時の体験と重なったようで、この絵本もお気に入りの一冊となりました。
    家族全員で力を合わせて掘った山芋。さぞかし美味しかったことでしょう。
    山芋と綱引きしている場面や、おみこしのようにして山芋を担いで持って帰る場面は特に楽しかったようです。
    シリーズの他の絵本と合わせて是非読んでもらいたい絵本です。

    投稿日:2009/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山芋の千切り

    今年の誕生日プレゼントに選んだ1冊です。娘が2歳の頃から大好きな14ひきシリーズ。季節に合わせて、このお話は娘の誕生日にいいかなと、長い間しまってありました。きのこや木の実、草の実・・・本当に実りの秋をページいっぱいに感じますね。
    娘が特に好きなのは、はっくん、ろっくん、なっちゃんが、シャベルに乗って、ぴょんぴょん跳ねている場面。ろっくんは、また痛い目に遭ってしまいましたね。でも、怪我がなくて、よかった。娘も、どろんこのろっくんを見て、くすくす笑っています。
    山芋を見たことも食べたこともない娘に、山芋掘りの楽しさや、とろろご飯のおいしさが伝わるかな?と思ったのですが、ろっくんたちみんなといっしょにお話の世界に入って、楽しめたようです。そして、偶然にも、きのう、買い物をしていた最中に、かぼちゃやにんじん、いんげんなど、いろんな種類の野菜を揚げたミックスベジタブルチップスを見つけ、その中に、なんと山芋も入っていたんです!!もう嬉しくなって、「これが、山芋の千切りだよ〜!」と興奮しながら、袋にいっぱい入れてしまいました。絵本の中のことを、実際に経験できるのは、たとえどんなに小さなことでも、本当に嬉しいものですね。

    投稿日:2008/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁寧に暮らす。

    息子の好きな14ひきしりーずです。

    季節は秋、みんなで山芋堀に出かけます。途中いろんな花が咲いていたり、実がなっていたり。私も山芋なんて掘った経験がなく、「こんな風にするのか」と、新鮮な驚きでした。

    おなじみろっくんは今回もやってくれます。

    この本は丁寧に暮らすことの大切さを教えてくれます。

    投稿日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸がキュンとなる!?

    14ひきシリーズが読みたい!と思い手に取った絵本。
    絵本全体が、黄色で満ちているので夕焼けになりかけているような、なんとも胸がキュンとなる絵本でした。
    14ひきシリーズは、私が小さいころに母親に買ってもらいましたが、大人になっても楽しめるんだなぁ…と感じました。
    ねずみたちにそれぞれ個性があって、あれ?この子は今なにしてるんだろ??この子は、友達の○○ちゃんに似てるなぁ…などなど読んでいてとても楽しい気分になります。
    そして、子供の頃に返ったような気持ちになれます。
    長く楽しめる、大切にしたい絵本です。

    投稿日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の実り

    おじいさんを先頭に14匹のネズミの親子が、山芋掘りに出掛けるお話です。

    2歳児クラスで読み聞かせをした時、“やまいも”という存在を知らないこともあり、山芋掘りの光景よりも、周囲の虫たちを見つけることを楽しんでいました。
    食卓を囲んでいるページでは、とろろごはんよりも「納豆のが美味しいよ〜!」と言う子どももいました(笑)

    家族みんなで食事をする風景って良いなぁと思いました。

    絵本を通して、秋の実りを実感できるオススメの一冊です☆

    投稿日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お芋ほり?

    10月には幼稚園で2回目のお芋ほり!
    それにあわせてこの本を読みました。
    娘は、山芋をお芋だと思っているようでした。
    相変わらず家族みんなで力を併せている様子はほのぼのしますね。
    最後のとろろご飯には娘も食べたい!と言っていました。
    もちろん、食べたことありますが、その時は嫌がってました。
    絵本に感化されて、食べれる様になるかもしれないですね!?
    今どきの子供はお芋ほりはしますが、山芋掘はなかなかしないですね。
    私は子供の頃、山芋・自然薯堀りをしたことがあります。
    この絵本を読んでいて、そんな子供の頃を思い出す何だか懐かしくホッとする内容でした。

    投稿日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結果からいうとイマイチでした。
    1歳4ヶ月にはまだ早い内容だったということと、一番最初に読んだピクニックに比べて1ページごとの内容が薄かったように思います。

    投稿日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞ、秋!これぞ、大家族!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    小さい頃大好きだった14ひきシリーズですが、最近、また次女のマイブームです(笑)。
    1年生から、2年生へ教室が変わり、学級文庫にある絵本も変わったようで、どうやら、このシリーズがけっこう揃って置いてあるみたいです。

    家にあるのは7冊だけですが・・・毎晩リクエストされ、母子で楽しんでます。(今まで、レビューを書きそびれてしまっていたので、書かせてもらいますね。)

    ついこの間まで、くんちゃんやとっくんみたいだった次女が、今ではすっかりお姉さん気分で、「くんちゃんととっくんって、本当にかわいいよね〜♪」なんて言ってるのを聞くと、子どもって、日々成長してるんだな〜と、実感します。

    14ひきが、力を合わせて、山芋掘りに行くシンプルなストーリですが・・・『これぞ、秋!これぞ、大家族!」という描写が素晴らしいです。

    文字が少ない分、じっくりじっくり絵を味わえて、次女と会話が膨らみ、寝る前の幸せなひとときが過ごせます。

    どなたかもレビューに書かれてましたが、私も、「おじいさんは いもほりめいじん。いっくんだって、そのうち めいじん。」という文章に、深い感銘を受けました。

    投稿日:2008/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14ひきの豊かな生活

    シリーズでたくさん出ていて、全部読んだわけではないけど、『14ひきのあさごはん』と対になっているみたいな話ですね。
    こちらは掘ったおいもで夕ご飯です。私たちが本当に食べられそうなメニューがミソですね。

    今まで読んだものより、こういう行動をしている子はだあれ という問いかけが多かったような?
    娘はそのたびに表紙を確認していました。
    虫もたくさん書き込まれていたし、またまた擦り切れるまで楽しめそうです。

    投稿日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • とろろごはんが思わず食べたくなります

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    国内500万部、海外150万部の超ロングセラー絵本シリーズ。
    おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして兄妹10ぴきの物語。
    シリーズでこれだけ外れがないのも例がなく、この作品も楽しめました。

    今回はやまいもほりをテーマにしています。
    普段目にすることのないやまいもほりにスポットをあてたことで、優れた作品になるのは約束されたようなもの。
    まさに自然そのものです。

    大家族が、大自然の中で力を合わせて一つのことを成し遂げる様は、読む者に共感を与えること間違いありません。
    実に秋の景色が奇麗で、いわむらさんの描く秋は、秀逸としか言いようがない程です。
    それに、草木の名前もわかります。
    今回初めて知ったのは、やまいもの蔓に成る「むかご」
    こどもたちが、「むかご」を取る様が生き生きと描かれていました。

    我家では、とろろいもが大好きですが、この絵本を読めば食したくなるのではないでしょうか。
    是非、読んで欲しい一冊です。

    投稿日:2008/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

91件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット