もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

悪いことをして罰があたった子どもたちの話なかなかよいと思う みんなの声

悪いことをして罰があたった子どもたちの話 絵:エドワード・ゴーリー
文:ヒレア・ベロック
訳:柴田 元幸
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,000+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784309272245
評価スコア 3.5
評価ランキング 39,327
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゴーリーは1925年シカゴ生まれ
     
    このお話に登場する子どもたち
    乳母の手を離して ライオンに食われて死んだ・・・・ こんな怖いー(子どもなんて 言うこと聞かないことは多いんですが・・・)
    こうも残酷に 罰があたるのは怖すぎる

    ○紐を飲み込んで 苦しんで死んだ ヘンリー
    ○うそをついて 焼け死んだ マチルダ 
    ○泥遊びして 伯父さんに懲らしめられた子ども 伯父さんの懲らしめようが あまりにも 虐待的で怖いな〜

    ○ 挨拶もしない 高慢な子どもだと 大人が おとしめた話

    ○弾入りの中で遊ぶ子どもを叱る 父は正しいと思うんですが・・・

    ○自動車を怖がる男の子 この時代の自動車は  排気ガスの煙が黒くて怖く見えた男の子  なんだか 時代が違いますが

    子どもはいたずらしますがね それを教えるのは 大人の役目ですね

    大人も うそつくし 悪いこともしますから この絵本は 大人への教訓でもありますね

    まあ ごらんあれ  

    投稿日:2019/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 説教じみてちゃ面白くないだろう

    「説教じみてちゃ面白くないだろう?」というセリフがゴーリーさんから聞こえてきそうです。

    いけないことをして「いけません!めっ!」で叱られて済むことばかりじゃない。時には非情で残酷なこともある。母親に「あの子は言うことを聞かなかったから」と死んでなお責められることもあるし、「お前たちはああなってはいけない」と父親に自分の死が冷静に片付けられてしまうこともある。

    きれいごとなしの絵本もたまにはいいのではないでしょうか。頭から離れないこと間違いなしです。

    投稿日:2019/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット