まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

えほんからとびだしたオオカミ」 みんなの声

えほんからとびだしたオオカミ 作:ティエリー・ロブレヒト
絵:グレゴワール・マビール
訳:石津 ちひろ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年11月10日
ISBN:9784265850877
評価スコア 4.27
評価ランキング 16,861
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ずきんちゃんと肩組んでる!

    新刊の紹介文を見て、興味を持ちました。
    本棚から落ちた絵本の中から、オオカミが出てきてしまうというおはなし。でも、絵本から抜け出たオオカミはねこより小さいから、ねこから逃げるはめになってしまいます。
    ラストシーンでは、オオカミが赤ずきんちゃんと肩組んで歩いてます。絵本の中へ戻れるようですが。。。なんだかとっても絵本の続きが気になりました。

    投稿日:2015/12/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • オオカミの居場所

    このお話は、ある絵本からひょんなことで出てくることになったオオカミのお話でした。このオオカミは自分の絵本に戻ろうと思ってもうまくいかず、いろいろ別の本に入ってみたりするのですが、ことごとく失敗して追い出されたりしている様子がうちの子のツボだったみたいです。

    投稿日:2016/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 災難にあった気の毒なオオカミさん

    ベルギーの絵本です。
    面白い発想だなあと感心しました。
    表紙の本棚のなかにトラねこが座っていますが、下に立っているのは、こまり顔のちいさなオオカミ君。
    ゾーイの本棚は、本がめちゃめちゃに詰め込まれていて、転げ落ちても不思議はないですね。
    居場所をなくした気の毒なオオカミが、正しい絵本のページにもどれたらいいのにとやきもきしました。
    絵本のページは人形劇の舞台のようで、出番じゃないのに、そこにいると叱られたりするみたいですね。
    でも意外な、ハッピーな結末にニッコリでした。

    投稿日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夜の本棚

    じぶん達が眠っている間に、こんなことが起こってたら…そんなことを考えると、最高にワクワクします!

    本の中から飛び出して来たオオカミは、なんかちっこくて、弱そうで、そのギャップが面白かったです!

    本物のふとっちょねこから逃げ回るオオカミ。
    絵本の中に戻りたいのに、追い出されちゃう。

    ようやく辿りついたのは、赤ずきん。
    「まかせとけ!」って大張り切りだけど、結末知ってるのかなぁ…とちょっぴり心配しちゃいました!

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • オオカミが一番似合う場所は?

    絵本から飛び出したオオカミ?
    さて オオカミはどうしたらいいのか分かりません
    ふとっちょのネコに追いかけられて・・・・ 怖がるオオカミ 絵本の中では怖いオオカミも 飛び出したら もっと怖いものがたくさんいるんですそのたびに いろんな絵本に入って・・・ 居場所がないんですよね 
    追い返されて  恐竜のせかいでは 小さな存在のオオカミなんです

    オオカミはまたまた   違う絵本の中に入って、 なんと 
    あかずきんちゃんが泣いているんです 
    そこで オオカミは赤ずきんちゃんを慰める こんな お話しのラストとは

    この絵本は オオカミは やっぱり お話しの中でやっと オオカミらしさ取り戻せたのかな〜?
    こんな 発想も あるんですね  オオカミさんは このあとどうなるの?

    投稿日:2016/04/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • オオカミの居場所

    本棚から一冊の本が飛びだして、中から転がり出たオオカミが、

    太っちょねこに追い回され、本の中に帰るのですが、ページに

    滑り込もうとしても、オオカミの居場所じゃあなかったみたい。

    最後には、赤ずきんちゃんと出会ってようやく受け入れてくれる

    場所が見つかってよかったです(笑)

    仲よくなって、それからの展開は、どうなってしまうのか気になる

    ところです。オオカミさんは、うまく台詞をこなせるのか、おばあ

    ちゃんにうまく変装するのもできるのかなあ・・・・・・・

    と、思いを巡らせてる私でした。

    投稿日:2019/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいオオカミ

    絵本に出てくるオオカミさんはどちらかというと悪い役が多く、子供にとってもやっぱり「怖い」存在のようです。けれど、この絵本に出てくるオオカミさんはとても気が弱くなんだか同情したくなってきます。
    オオカミさんの帰る場所を一緒に探してあげなきゃ!
    本棚の絵本のタイトルを読みながら娘が一生懸命探していました。
    赤ずきんちゃんに出てくるオオカミもこんなオオカミだったら・・・
    娘のオオカミを見る目が変わったようです。

    投稿日:2019/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ずきんとコラボ!?

    『もしかしてオオカミ!?』に描かれた本棚にさりげなくあって気になって
    読んでみました。
    題名の通り、本棚から落ちてきた絵本から転がり出てきたオオカミが、
    部屋ネコから追われて、いろいろな絵本に潜り込んでは追い出されるストーリー。
    ちょっとしたスリリングさと、オオカミの慌てぶりがツボでしょうか。
    ラストでは、赤ずきんとコラボ!?
    これは赤ずきんのお話を知っていないと、面白さ半減ですね。
    復習も兼ねて、赤ずきんのおはなしもどうぞ。
    そこここにある本も、実在の本が混在していて、たまりません。
    小学生くらいから楽しめそうです。

    投稿日:2018/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりオオカミに見えない

    えほんからとびだしたオオカミ(見た目はあまりオオカミっぽくありませんが・・・)があまり怖くなさそうな猫に追い掛け回されて、本の中を逃げ回ります。

    ユーモアが効いていて、これが分かるのはだいぶ大きい子かな?という感じがしました。

    最後まで読んでみて、どうして裏表紙に赤い頭巾の女の子が描かれているのか納得しました。

    投稿日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミの居場所

    絵本の中では活躍できるオオカミも、外の世界に飛び出してしまうととんだ弱虫という設定が面白く感じました。
    オオカミが絵本サイズだからですね。
    描かれている絵本のタイトルとか、表紙裏で登場キャラクターをさりげなく紹介しているところとか、遊び心も楽しいです。
    オオカミもピッタリした場面でしか活躍できないようです。
    最後にオオカミは「赤ずきん」の中で丸く収まりましたが、元の絵本では、羊に追い返されたりするくらいだから、赤ずきんを呑み込んだりはできそうにありません。
    物語はどうなっていくんでしょう。

    投稿日:2016/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット