もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ガラスの大エレベーターなかなかよいと思う みんなの声

ガラスの大エレベーター 作:ロアルド・ダール
絵:クェンティン・ブレイク
訳:柳瀬尚紀
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784566014145
評価スコア 3.88
評価ランキング 36,271
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『チョコレート工場の秘密』の続編ですが、パワフルで息をつかせぬ展開は、前編をはるかに上回っています。
    ただ、脈絡のなさと自由奔放さには、圧倒されるばかりで、大宇宙からチョコレート工場への舞台のワープには飲み込まれてしまいました。
    ドタドタ喜劇は、ダールさんの得意技のようです。

    投稿日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて頑丈なエレベーター!?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    『チョコレート工場の秘密』が映画になってから、初めて知った続編。
    続編なんてあったんだ!?と、まず驚き、なんでエレベーターに乗って宇宙へ飛ぶの!?と2度驚き。

    ワンカ氏の奇想天外な面白さは、相変わらず。でも、チョコレート工場の中のお話の方が楽しかったなと、ちょっぴり思ったりも…。
    そんな、ファンの気持ちを知ってか、物語は宇宙から戻ってチョコレート工場へ。
    やっぱりチョコレート工場の中の方が楽しい!

    チャーリーのおじいちゃん、おばあちゃん達の性格もわかってくるし、工場の中の更なる秘密も見えてくる(とうか、増えてくる?)子供も大人もタップリ楽しめる物語でした。

    投稿日:2009/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかして・・

    もしかしてなのですが映画にあった「チャーリーとチョコレート工場」のおはなしなのかなと思っちゃいました(笑)それはさておきガラスのエレベーターという発想がいいなと思いました。また乗っていたら宇宙にっていうちょっとメルヘン!?って思いました。

    投稿日:2007/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット