なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ななちゃんのおきがえ」 ママの声

ななちゃんのおきがえ 作:つがね ちかこ
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\1,000+税
発行日:2015年12月17日
ISBN:9784870141162
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,420
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • がんばったね!

    • うめちびさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    おばあちゃんからもらったカーディガン。
    これを素敵に着るために一生懸命お着替えするななちゃん。
    うちの娘はもう一人でお着替えできるけど、ななちゃんを見て自分の昔を重ねたようで、上手に着られたときは、わー!よかったねぇと喜んでいました。
    よく見たらちょっと間違えているところがよかったようで、100点じゃないけど合格だよねとうれしそうに言っていました。
    毎日少しずつ自分でできるようにチャレンジすることは、子どもにとってはすごく大変なことだけど、できると自信や笑顔につながります。娘が小さかった時は、泣きながら自分で!と言ったり、うまくいかなくてイライラする姿も見ていたけれど、そういう瞬間に付き合って、励ましたり、時々そっと手助けしたり見守る喜びを思い出させてくれた絵本でした。私はななちゃんに100点あげてしまいたくなるなぁと思って読みました。

    投稿日:2015/12/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 待ってました!ななちゃんの続編!!

    5歳の娘も、新しいななちゃんが出たことを知って、
    「読んで、読んで♪」とワクワク大喜び☆

    読む前からテンションがあがっていますが、
    ページを開いて、ますますテンションがあがりました!

    それは、おばあちゃんからのお手紙が登場したから♪

    今、お手紙を書くこと、もらうことが大ブーム中なんです。
    ななちゃんを読むぐらいの年齢の子って、結構、
    お手紙ブームがきていますよね。
    子供心、しっかりつかんでいます!

    その先も、お洋服さんたちがおしゃべりしだして、
    すっごい楽しんでいる娘☆

    ななちゃんがお着替えをするシーンでは、自分も服を脱いで、
    一緒にお着替えしていました。笑

    トレーナーも、前後ろ反対に来てみて、ななちゃんみたいに首のところで、
    ぐるりとまわしていました。

    これ、いつも私がなおしてあげていましたが、自分でなおせるように
    なりました!!やった〜!!

    今回もとても楽しく、そして子どもがちょっとお姉ちゃんになれる内容で、
    素敵でした☆

    投稿日:2015/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • こう言ってあげればやりやすいんだ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    幼稚園に通うようになり、
    言われなくても自分で着替えようとしてきた3歳児。

    いつもはぼんやり聞くのに
    真剣なまなざしで聞いています。

    ななちゃんのお着換えの最中の
    洋服たちの声掛けが
    わかりやすくて、誉め言葉も上手で
    ああ、こう言ってあげればやりやすいんだと
    声掛けの勉強になりました。

    投稿日:2019/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自主的な楽しい着替え

    4歳の息子と読みました。
    彼はもう一人で着替えができるのですが、楽しかったようです。
    …というのは、洋服たちがななちゃんを応援したり、
    上から目線ではなく、
    あくまでななちゃんの自主的な着替えの絵本だからではないでしょうか。
    息子も自分だったらこのカーディガンに
    どんなボトムとトップスを合わせるか、など話してくれました。
    息子の趣味もわかって、よかったです。
    ボタンもはめられてよかったね。

    投稿日:2015/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人で着替えられるかな?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    3歳の息子も最近自分で服を着替えられるようになりました.時間がかかりながらも頑張って,最後まで自分で着替えることができたときにはとびきりうれしそうな顔をしています.
    この本に出てくるななちゃんも,一人でお着替えに挑戦中です.その様子を見て,息子もななちゃんに親近感がわいたようでした.タンスをあけたらお洋服たちが元気いっぱい飛び出してきた様子が,息子は面白かったみたいで笑いながら見ていました.
    最後にななちゃんがボタンをはめるのに挑戦している様子は,私も息子もがんばれと応援しながら読みました.息子もボタンができるようになったばかりです.初めてのボタンつきの服が,お兄ちゃんのお下がりのパジャマで,ボタンホールが使い込んで広がっていたのでボタンが入りやすかったようで,私が思ったよりも早くボタンがはめれるようになりました.ななちゃんがボタンをはめるのに四苦八苦してる様子は,息子も真剣な顔で見つめていましたが,ななちゃんがボタンをはめることができたときには,息子もうれしそうな顔でした.

    お着替えすることの楽しさや着替えられたときの達成感がよく伝わってきて,自分でお着替えすることにやる気の出てきた子にはぴったりの絵本でした.

    投稿日:2015/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で頑張った充実感☆

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    『ななちゃんのおかたづけ』を読んで、ななちゃん大好きになった
    4歳の娘。と読む前に、
    ちょっとフライングで全ページ読ませて戴きました。

    今回は、自分でおようふくのお着替えをがんばるななちゃん。
    ズボンをはくときにすっころんだり、
    ボタンを頑張ってとめているななちゃんを見ると、
    娘の姿ととってもかぶります。

    つい、見ている私も、なんとなく前のりになってしまって、
    「がんばれ、がんばれ。」と、心の中で応援。

    我が家は共働きで、朝8時から保育園なので、
    時間がないときは、「はいはいはい」と私がちゃちゃっと
    着替えさせちゃうことも多いのですが、
    本当は、ななちゃんと同じ、「じぶんで期」の娘。
    こんなふうに、不器用ながらも、ひとつひとつ頑張った後の充実感が、
    この時期には大切なんだということを、再認識させてくれる
    とっても大切な一冊だと思います。

    「自分でー」の芽をつまないように、
    オトナにとっては小さな一歩でも、
    娘にとっては「できた!」の大きな充実感を味わわせてあげれるように、
    ななちゃんの周りで応援している洋服たちになりきって、
    娘を応援するママになりたいと思いました。

    投稿日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真剣そのもの!

    ななちゃんは、まだ一人でおきがえが上手に出来ません。
    ある日、おばあちゃんから素敵なカーディガンが届き、一人で着ようと頑張るななちゃん。

    おばあちゃんの優しさあふれる手書きのお手紙がステキです。
    ななちゃんの大好きなオレンジ色の毛糸で編んだ、暖かそうなカーディガン。
    まだ上手にボタンが留められないななちゃんのために、大きめのボタンが付いていて、おばあちゃんの優しい愛情を感じます。

    いつもはお母さんに手伝ってもらうけど、「一人でやってみる!」というななちゃんのやる気一杯の顔。
    そして、応援してくれる洋服たちの存在もいいですね(^^)

    一人でズボンをはいたり、ボタンを留めたり。
    子どもがまだ小さかった頃、一生懸命、少しずつ練習していた日々を懐かしく思い出しました。

    子どもの成長はゆっくりに見えて、ある日突然ビックリするような成長を見せてくれることがあります。
    ななちゃんが、失敗してもあきらめずにボタン掛けに挑戦する表情は、まさに真剣そのもの。
    そして、成功した時の嬉しそうな顔!裏表紙のななちゃん、すごくいい表情をしていますね(^^)
    ボタンの掛け違えも、なんとも愛おしくて、「頑張ったね!」とほめてあげたくなります。

    おきがえを頑張る小さな子どもたちに、エールを贈る素敵な絵本です。

    投稿日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  •  ななちゃんが、真剣にボタンをとめようとしている表情がとても良いです。なつかしいな。子どもたちは、こんな風にして日々、成長しているのですね。

     我が家の長女は「うーん、うーん」と、がんばってボタンを留めたのに、また、自分ではずして、「できなーい」と助けを求めてきたことがありました(笑)頑張る気持ちと、甘えたい気持ちの間で揺れているのがよくわかって、我が子ながら微笑ましかったです。

     どの子も毎日、やっている「おきがえ」の話。とっても身近なので、子どもたちも喜んで楽しめる絵本だと思います。今、がんばっている子は共感を持って、すでにお着きがえが楽にできる子は、ちょっとお兄さん、お姉さんぶって読むのではないでしょうか?

    投稿日:2015/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でお着替えしないと!

    6歳の息子と読みました。息子はもう一人でおきがえすることができますが、まだまだ甘えん坊で、「ママやって」と手伝わされることも多いです。私も早く支度をすませたくて、ついつい手伝ってしまうこともあるのですが、ななちゃんのがんばりを見ていたら、やっぱり自分で着替えしなさいと言わないとなぁと反省しました。
    立ってズボンがはけなかったり、セーターを前後ろ逆に着てしまったり、ボタンが互い違いになっていたり・・・ちいさい子のおきがえ「あるある」が満載。とても微笑ましかったです。

    投稿日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの娘もがんばったなぁ

    お洋服たちが、よろこびを共有してくれる!
    お着替えを応援してくれる!
    うわ〜☆いいなぁ・・・ってなりますね♪
    そうか、こうすればうまくいくんだってヒントも与えてくれます。

    初めてのボタン留めに挑戦する、ななちゃん。
    うちの娘も、泣きながら、汗かきながら、30分以上も格闘したことを思い出しました。

    途中あまりに苦しそうで、「よくがんばったよ。もういいよ。」と、思わずそんな風に言ってしまいましたが、それでも諦めなかった娘。
    できたときは、本当に満足そうでした♪

    ボタン初心者のチビッコたちに、勇気を与えてくれるお話です!

    投稿日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット