宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ななちゃんのおきがえなかなかよいと思う みんなの声

ななちゃんのおきがえ 作:つがね ちかこ
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\1,000+税
発行日:2015年12月17日
ISBN:9784870141162
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,346
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • がんばったね!

    • うめちびさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    おばあちゃんからもらったカーディガン。
    これを素敵に着るために一生懸命お着替えするななちゃん。
    うちの娘はもう一人でお着替えできるけど、ななちゃんを見て自分の昔を重ねたようで、上手に着られたときは、わー!よかったねぇと喜んでいました。
    よく見たらちょっと間違えているところがよかったようで、100点じゃないけど合格だよねとうれしそうに言っていました。
    毎日少しずつ自分でできるようにチャレンジすることは、子どもにとってはすごく大変なことだけど、できると自信や笑顔につながります。娘が小さかった時は、泣きながら自分で!と言ったり、うまくいかなくてイライラする姿も見ていたけれど、そういう瞬間に付き合って、励ましたり、時々そっと手助けしたり見守る喜びを思い出させてくれた絵本でした。私はななちゃんに100点あげてしまいたくなるなぁと思って読みました。

    投稿日:2015/12/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • こう言ってあげればやりやすいんだ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    幼稚園に通うようになり、
    言われなくても自分で着替えようとしてきた3歳児。

    いつもはぼんやり聞くのに
    真剣なまなざしで聞いています。

    ななちゃんのお着換えの最中の
    洋服たちの声掛けが
    わかりやすくて、誉め言葉も上手で
    ああ、こう言ってあげればやりやすいんだと
    声掛けの勉強になりました。

    投稿日:2019/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ななちゃんと一緒♪

    生活の絵本かな?
    躾っぽくならない内容だといいなぁ・・・

    おばあちゃんの手編みで
    ボタンが木で出来た大きめーというのも
    好きな色というのも
    おばあちゃんの気遣いが素敵です

    お洋服がお友達のようで
    なんともいいです
    こどもの発想に寄り添っています

    「早く、自分で着なさい!」
    って叱られても、出来るものではありません
    お洋服たちのように
    わかりやすく
    応援しながら
    お手伝いしながら
    自立に向けていければいいですね

    いらつく場面も
    わかるわかる!
    最初から、上手には出来ないことも
    ななちゃんと一緒に出来そうですよね

    「出来た!」って
    ずれてる所も、ほんと、素敵です

    投稿日:2016/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボタンもはめられたね

    全ページお試し読みで読みました。
    おばあちゃんが送ってくれたのは、
    手作りのオレンジ色のかわいいカーディガンでした。
    突然、ナナちゃんのお洋服が口々におしゃべりをはじめます。
    はじめて自分でお洋服を着るナナちゃんと、
    こうすればうまくゆくよと教えてくれる服たち。
    前後を間違えたら、クルンと首のところでまわせばいいとか
    座ってズボンをはくと上手くゆくとか、すぐに応用できるアイデアが嬉しいです。
    おばあちゃんの付けてくれたボタンも扱いやすそうでした。

    投稿日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自主的な楽しい着替え

    4歳の息子と読みました。
    彼はもう一人で着替えができるのですが、楽しかったようです。
    …というのは、洋服たちがななちゃんを応援したり、
    上から目線ではなく、
    あくまでななちゃんの自主的な着替えの絵本だからではないでしょうか。
    息子も自分だったらこのカーディガンに
    どんなボトムとトップスを合わせるか、など話してくれました。
    息子の趣味もわかって、よかったです。
    ボタンもはめられてよかったね。

    投稿日:2015/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でお着替えしないと!

    6歳の息子と読みました。息子はもう一人でおきがえすることができますが、まだまだ甘えん坊で、「ママやって」と手伝わされることも多いです。私も早く支度をすませたくて、ついつい手伝ってしまうこともあるのですが、ななちゃんのがんばりを見ていたら、やっぱり自分で着替えしなさいと言わないとなぁと反省しました。
    立ってズボンがはけなかったり、セーターを前後ろ逆に着てしまったり、ボタンが互い違いになっていたり・・・ちいさい子のおきがえ「あるある」が満載。とても微笑ましかったです。

    投稿日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お着替え練習に良いかも!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    図書館に置いてなかったので、全ページためしよみで読みました。

    この絵本はお着替えの練習に分かり易くて良いかもしれませんね。
    現在3歳3カ月の息子は着替えがうまく出来たり、出来なかったり。いや、まだまだ出来ないことの方が多いし、そんなに自分でやる気もない・・・。
    一度この絵本を息子に読んであげたいなと思いました。

    投稿日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ななちゃん

    2歳向きくらいかな?でもちょうど自分で着替えたくなくなった2歳半〜3歳向きかも!我が家の娘も、洋服が喋り出してお着替えのお手伝いしてくれないかなあ。笑。この絵本みると、娘は自分の名前と似ているので結構反応示してます。自分で洋服着てくださ〜い!

    投稿日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきがえの練習に

     ななちゃんに届いた、おばあちゃんの手編みのカーデガン、すてきですね。ななちゃんに、ほんとうにぴったりです。

     ななちゃんが、ひとりでおきがえしているのがほほえましかったです。転んでしまったり、前後ろが逆になったり、ボタンかけなど、、、うちの子の小さかったころを思い出しました。

     いろいろな服たちがアドバイスしてくれるのも、楽しかったです。小さな子のおきがえの練習にぴったりの絵本でした

    投稿日:2015/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいかも。

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子4歳

    もう自分でお着換えできるようになった下の娘にもいいかも。
    時間がないときとか、機嫌があまりよろしくないときとか、イライラしてうまくできなかったりするけれど、そういうときってなかなか親のアドバイスを聞いてくれないんですよね。

    ななちゃんとおようふくとのやり取りを通して、うまくお着換えできるといいな、と思いました。

    ズボンを履くときのコツなんて特に「そうそう!」と心の中で拍手してしまいました。

    投稿日:2015/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット