かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

ぼくのつくった魔法のくすり自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくのつくった魔法のくすり 作:ロアルド・ダール
絵:クェンティン・ブレイク
訳:宮下嶺夫
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784566014190
評価スコア 3.67
評価ランキング 36,737
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんとも過激なブラックジョークです。
    意地悪なおばあちゃんをやっつけようと考えた結果の薬づくり。
    身の回りにありそうなものを次々と鍋にぶちこんで、信じられない薬を作ってしまいました。
    薬の効果も、半端じゃありません。
    笑い飛ばすに躊躇するような効能。
    これほど怖いもの知らずの物語って、良いのでしょうか。
    そうおもいながら、あっという間に読み終えてしまいました。

    投稿日:2014/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 薬を作る過程が最高!

    「魔法がいっぱい」を読んでから、すっかりロアルド・ダールの作品に夢中。
    児童文学という部類に入るんだろうけど、やさしさとか、家族愛とか、そういう道徳的なこととは無縁なお話の数々が新鮮。
    押し付けがましさがなく、ユーモアにあふれ、笑わずにはいられない愉快なお話ばかり。
    ぼくの作った魔法の薬も、これ、自分のおばあちゃんに飲ませるためのものなんです。
    いじわるなおばあちゃんに、ちょっと仕返しのつもりで。
    薬を作る過程が最高です。
    混ぜ合わせたものは、シャンプーに、脱毛剤、ふけとり、犬のノミトリ粉から家畜の薬まで...
    うわぁ〜、げぇ〜なんて思いながら、でも、笑わずにはいられない。
    そして、その薬をほんとに飲んでしまったおばあちゃんは...
    結局、小さくなって消えてなくなってしまったおばあちゃん。
    仕方がないわね、と納得してしまう家族にまたひと笑い。
    おいおい、ほんとにそれでいいのか?!

    投稿日:2007/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット