新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

14ひきのかぼちゃ」 パパの声

14ひきのかぼちゃ 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1997年04月
ISBN:9784494008742
評価スコア 4.75
評価ランキング 787
みんなの声 総数 142
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かぼちゃの成長

    息子はまだ「かぼちゃの生育過程」や「命のつぶ」、「命を紡ぐ」というところまでは理解が及ばなかったようですが、興味を持って聞いていました。
    この絵本をきっかけに、植物の成長、生育過程に目を向けられるようになってくれたらと思います。

    投稿日:2021/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • カボチャの成長

    一粒のタネから育っていくカボチャのことがよくわかります。
    カボチャのツルの繁殖力は、素晴らしくたくましさを感じます。
    ねずみ家族の感動も実感できました。
    大切に育てたカボチャで作ったパイでカボチャパーティー。
    ハロウィンの読み聞かせに良いと思います。
    おじいさんの「カボチャのタネは命の粒だよ」という言葉も素晴らしいと思います。

    投稿日:2014/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のヘビーローテーション

    かぼちゃの種をまいて、収穫、お料理。
    かぼちゃを通して色んな季節を感じることができます。
    そしてこのシリーズは、どれも共通していますが、
    ページの隅々にもいろいろ発見があります。
    娘は、かぼちゃと一緒に成長していくカマキリに注目。
    読んでいて飽きが来ないようで、ヘビーローテーションになっています。

    投稿日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の素晴らしさを満喫

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家のあった「ねずみのでんしゃ」と同じだと思って読んでみました。
    何とこの「14ひき」シリーズは、世界中の子どもたちに愛されている、国内500万部、海外150万部の超ロングセラー絵本シリーズとのこと。

    おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして兄弟10ぴきで14ひき家族の物語です。
    今回は、かぼちゃを種から育てるのですが、協力しあうことって大切だなと思えるのが第一印象でした。
    1頁ごとに描かれる登場人物たちの表情が、実に見事で物語に引き込まれてしまいました。
    かぼちゃの成長の様は、自然科学の学びにも繋がりますし、それを取り巻く虫の様子も生き生きとしていて、自然の素晴らしさを感じずにはいられない作品だと思います。
    14ひきシリーズにはまりそうな予感です。

    投稿日:2007/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然を感じさせてくれる1冊

    • BENさん
    • 30代
    • パパ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    14匹シリーズの中でも一番自然を感じさせてくれるのが
    この「14匹のかぼちゃ」。
    春にかぼちゃの種を蒔き、秋の収穫までの14匹の奮闘ぶりが描かれています。
    どんどん順調に育っていくかぼちゃの姿や、
    時には台風からかぼちゃを守る自然の厳しさ。
    そして月夜の晩の夜の景色など色々な自然の姿を見せてくれるんです。
    そして最後に収穫されたかぼちゃ料理のおいしそうな事!
    娘も読んだあげる度に
    「わたしもコレとコレが食べた〜い。」
    なんて言ってます。
    そして我が家では、親子で好きなろっくんの
    いつもワンテンポ遅れてたり、上手くかぼちゃに登れなかったり、
    でも絵が上手だったりする姿を見つけるのも楽しみの一つです。

    投稿日:2006/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 協力するって楽しい!

    ねずみの家族がカボチャの種をまいて育てるお話。
    みんなで協力して一つのことをやる楽しさが伝わってきます。
    絵は色あいが目にやさしく綺麗で、自然の様子が上手く描かれています。
    文は、2歳の娘にはちょうど良い長さで、読み方もアレンジしやすくなっているなと思いました。
    14ひきのねずみシリ−ズは、はじめて読みました。
    そのせいか、読ませているほうは、14匹の区別がつかずに表紙で確認したりして、自分も楽しんでしまったり。
    脇役の虫たちが細かく描かれています。
    虫たちの発見に娘と共に楽しんでます。

    投稿日:2003/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / キャベツくん / かいじゅうたちのいるところ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(142人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット