そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいなの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
読み聞かせで大もりあがり!くり返しのリズムが心地よく、赤ちゃんから楽しめます。

かようびのドレス」 みんなの声

かようびのドレス 文:ボニ・アッシュバーン
絵:ジュリア・デーノス
訳:小川 糸
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年11月20日
ISBN:9784593505807
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,032
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵なセンス♪

    表紙からデザイン画のようで素敵です

    お洒落な女の子をよく見かけます
    中高生より小さい子は
    成長するから
    お洋服代大変だろうな(笑
    とか思っちゃいます

    この作品がすごいのは
    成長のために小さくなっちゃう
    お気に入りのお洋服をず〜っと使うこと!!

    ママの「逆転の発想」がすばらしいのです
    ママもお洒落なようですが
    華美な感じではなく
    自分の個性に合わせて、センスがいい感じ

    工夫がとてもいいんです
    現実でも出来ると思います

    リフォームというと
    昔は、貧乏臭かったけど(笑
    今は、センスよく作り変えちゃう技術がすごいですもんね

    絵だけでなく
    切り貼りした感じもあり

    とにかく、工夫が素敵で、お洒落で素敵♪

    お化粧もいいけど(笑
    お洋服作り、小物作り、おすすめしたいなぁ〜

    訳は、「食堂かたつむり」「つるかめ助産院」の小川糸さん
    というのも魅力です

    投稿日:2018/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • お気に入りのドレスが短くて着られなくなりました

    ママはじたばたしなくて 大丈夫 こう言うときは「逆転の発想」がだいじなんだから
    チョキ チョキ チク チク  ママは なんと かわいいシャツにヘンシンさせたのです

    すごく手際よく  すばらしいアイデアウーマンですね

    そして こんどは、小さくなるとタンクトップに   スカート スカーフ  そして かわいいくつしたにと・・・・
      
    今の時代は、使えなくなると 使い捨てて 新しいものを買う事が多いですね

    ママのように アイデアで いろんなものにヘンシンさせて いつまでも 大切に  愛着をもって 使うという発想   
    学ばなくてはなりませんね!

    リサイクル リリュース この発想を実践しているママは すばらしい!
    ママの生き方を 学んでいる 女の子
    ママは「逆転の発想」をもう一度 丁寧に 教えてくれました

    まだ良く分からないと言うと・・・・
     
    ママは 「あせらなくても だいじょうぶよ」

    こんなふうに 子どもに 言える ママの子育ては すばらしいと 感動しました

    こんなママに育てられた 女の子は また アイデアをいっぱいだして 生きていくことでしょうね

    とっても良いお話しを センス良く絵本にされて とても 嬉しい気分です

    お奨めです

    投稿日:2018/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変身していく服が楽しい

    女の子がだんだん成長していく様子を「服が小さくなる」ことで表現するという斬新さ!
    そしてリメイクされていく服も、発想が凄いな〜と感心してしまいます。
    自分ではなかなかこんなリメイクにチャレンジは出来ませんが、子供の成長を喜び、子供の気持ちを汲み取ってあげるお母さん、素敵だなと思いました。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドレス

    表紙の絵から、「綺麗!素敵!」を連発している10歳の女の子の孫に読みました。淡い色彩も気に入って表紙の絵にハート型の目になっているみたいでした(笑)学校に行く時も普段でもズボンしかはいてない孫は、本当は、スカートやドレスに憧れているのです。お気に入りのドレスをおかあさんが、Tシャツやタンクトップにリメイクしてくれて、とても素敵でした。

    投稿日:2018/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれに目覚めた女の子

    • とんえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    下の男の子はぜんぜん興味を示しませんでしたが、おしゃれに目覚め始めた小4女児には好評でした。

    「かわいい」
    「これいい!」
    などと言いながら、自分のお気に入りの洋服をどうアレンジしようかと考えていたようです。

    絵が子ども向けすぎないので、おしゃれな雑誌にもありそうなイラストなので、絵本を卒業しそうな少し大きい女の子にも読めるのかも…。

    投稿日:2016/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りを大切に

    『I HAD A FAVORITE DRESS』が原題。
    でも、この意訳も素敵です。
    おしゃれな女の子が主人公。
    さっそくお気に入りのドレスを自慢していますよ。
    大好きな火曜日だけ着るんですって。
    でも、女の子は成長していくので、丈が短くなってしまうのですが、
    ママが「逆転の発想」でリメイクしてシャツに!
    ええ、もちろんまた不具合ができて、そのたびにリメイク!
    女の子が着る曜日も、次々変わっていきます。
    そして、究極の結末に!
    『おじいちゃんのコート』のおしゃれな女の子バージョンといった感じです。
    でも、こちらは、おしゃれ心をくすぐる、スタイリッシュさが魅力です。
    逆転の発想という視点も素敵です。
    ずっとママのリメイクだったところが、ラストは女の子自ら、というのも、
    女の子の成長が伺えます。
    あ、だからこそのラスト!?

    投稿日:2016/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逆転の発想

    可愛いものとおしゃれが大好きな6歳次女に借りてきました。可愛い洋服に次女大興奮(笑)お気に入りのドレスが小さくなってしまうとお母さんは「逆転の発想」でシャツに、そしてシャツの袖がきつくなったら、タンクトップに。お気に入りのものがどんどん変身して、ずっと身に着けられるものに。次女は「可愛い。可愛い」言いまくり。私は裁縫苦手なので、こんなことなかなかしてあげられませんが(笑)こんなお母さんになりたいなーと私は反省しちゃいました。

    女の子はきっと大好きな絵本だと思います。

    投稿日:2016/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  •  お気に入りのドレスが小さくなっちゃった。悲しい! さて、どうする? すると、ママが、「逆転の発想」でシャツにリフォームしてくれました♪ でも、そのシャツもまた小さくなって・・・。

     『おじいさんならできる』や「『ヨセフのだいじなコート』と同じ展開ですが、こちらは、現代の女の子のおはなし。また、違った趣があります。画面全体が色あざやかで、軽やかです。きれいなものが大好き!おしゃれが大好き!好きなものを身に着けていたら、超ハッピー!という女の子の気持ちが伝わってきました。
     
     これだけ「好き〜♪」と、愛着の持てるものがあること。そして、いつまでもそれを身に着けるようにできる「逆転の発想」と「技術」があるママの存在がうらやましいな。

     大好きなものを身に着けているときの女の子の笑顔が、とっても印象的な絵本でした。

    投稿日:2016/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感心してしまいます

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    お気に入りのドレス。成長したことでサイズが合わなくなってしまいます。
    そこからのドレスの変身っぷりがおもしろかったです。
    どんどんどんどん変わっていくドレスに感心してしまいます。
    ドレスも女の子も幸せですねー。

    投稿日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りのドレスを毎週火曜日に着ている女の子。
    でもある日、丈が短くなって、ママの逆転の発想により新しいシャツにリフォーム。
    このシャツを彼女は毎週水曜日に着ることに、でもこのシャツもある夏の日に、袖がきつくなっちゃって、・・・・・・。
    ドレスがシャツに、シャツがタンクトップに、タンクトップが、・・・・・・。

    とうとう、彼女のお気に入りは、月曜日に身に着けられるところまで変化していきます。
    しかし、それも飼っているワンちゃんにおもちゃにされ、ボロボロに、・・・・・・。

    この後の彼女のアイデアに、さすがママの子と呻りました。

    身に着ける物へのこだわり、お気に入りへの執着って御穴の子の方が強いのかもしれませんね。

    ここまで気に入られたら、ドレスちゃんも満足していることでしょう。

    投稿日:2016/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だめよ、デイビッド! / おじいちゃんがおばけになったわけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット