こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

かようびのドレス」 ママの声

かようびのドレス 文:ボニ・アッシュバーン
絵:ジュリア・デーノス
訳:小川 糸
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年11月20日
ISBN:9784593505807
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,010
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 変身していく服が楽しい

    女の子がだんだん成長していく様子を「服が小さくなる」ことで表現するという斬新さ!
    そしてリメイクされていく服も、発想が凄いな〜と感心してしまいます。
    自分ではなかなかこんなリメイクにチャレンジは出来ませんが、子供の成長を喜び、子供の気持ちを汲み取ってあげるお母さん、素敵だなと思いました。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれに目覚めた女の子

    • とんえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    下の男の子はぜんぜん興味を示しませんでしたが、おしゃれに目覚め始めた小4女児には好評でした。

    「かわいい」
    「これいい!」
    などと言いながら、自分のお気に入りの洋服をどうアレンジしようかと考えていたようです。

    絵が子ども向けすぎないので、おしゃれな雑誌にもありそうなイラストなので、絵本を卒業しそうな少し大きい女の子にも読めるのかも…。

    投稿日:2016/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りを大切に

    『I HAD A FAVORITE DRESS』が原題。
    でも、この意訳も素敵です。
    おしゃれな女の子が主人公。
    さっそくお気に入りのドレスを自慢していますよ。
    大好きな火曜日だけ着るんですって。
    でも、女の子は成長していくので、丈が短くなってしまうのですが、
    ママが「逆転の発想」でリメイクしてシャツに!
    ええ、もちろんまた不具合ができて、そのたびにリメイク!
    女の子が着る曜日も、次々変わっていきます。
    そして、究極の結末に!
    『おじいちゃんのコート』のおしゃれな女の子バージョンといった感じです。
    でも、こちらは、おしゃれ心をくすぐる、スタイリッシュさが魅力です。
    逆転の発想という視点も素敵です。
    ずっとママのリメイクだったところが、ラストは女の子自ら、というのも、
    女の子の成長が伺えます。
    あ、だからこそのラスト!?

    投稿日:2016/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逆転の発想

    可愛いものとおしゃれが大好きな6歳次女に借りてきました。可愛い洋服に次女大興奮(笑)お気に入りのドレスが小さくなってしまうとお母さんは「逆転の発想」でシャツに、そしてシャツの袖がきつくなったら、タンクトップに。お気に入りのものがどんどん変身して、ずっと身に着けられるものに。次女は「可愛い。可愛い」言いまくり。私は裁縫苦手なので、こんなことなかなかしてあげられませんが(笑)こんなお母さんになりたいなーと私は反省しちゃいました。

    女の子はきっと大好きな絵本だと思います。

    投稿日:2016/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感心してしまいます

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    お気に入りのドレス。成長したことでサイズが合わなくなってしまいます。
    そこからのドレスの変身っぷりがおもしろかったです。
    どんどんどんどん変わっていくドレスに感心してしまいます。
    ドレスも女の子も幸せですねー。

    投稿日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りのドレスを毎週火曜日に着ている女の子。
    でもある日、丈が短くなって、ママの逆転の発想により新しいシャツにリフォーム。
    このシャツを彼女は毎週水曜日に着ることに、でもこのシャツもある夏の日に、袖がきつくなっちゃって、・・・・・・。
    ドレスがシャツに、シャツがタンクトップに、タンクトップが、・・・・・・。

    とうとう、彼女のお気に入りは、月曜日に身に着けられるところまで変化していきます。
    しかし、それも飼っているワンちゃんにおもちゃにされ、ボロボロに、・・・・・・。

    この後の彼女のアイデアに、さすがママの子と呻りました。

    身に着ける物へのこだわり、お気に入りへの執着って御穴の子の方が強いのかもしれませんね。

    ここまで気に入られたら、ドレスちゃんも満足していることでしょう。

    投稿日:2016/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だめよ、デイビッド! / おじいちゃんがおばけになったわけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット