ケチャップマン」 みんなの声

ケチャップマン 文・絵:鈴木 のりたけ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,078
発行日:2015年11月25日
ISBN:9784893096104
評価スコア 3.89
評価ランキング 39,519
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 幻のデビュー作品にやっと出会えました。

    いや〜、これはシュールレアリスム的芸術作品ですね。

    もうケチャップマンに体温を感じ、感情移入してしまいました。

    自分にしかできない何かを探して毎日悩むケチャップマン。
    何とストイックな姿勢なのだと感心しつつも、笑いがこみ上げて来ます。

    ポテトフライ専門店に売り込みに行っても見向きもされず、なぜかそのままアルバイトとして、店長にポテトの揚げ方の厳しい指導を受けるケチャップマン。

    ある日、店に現れたトメイト博士との出会いで、自身の魅力を初めて認めてもらえたのですが、・・・・・・。

    初めてケチャップに出会ったあの衝撃を思い出しました。
    甘さと酸っぱさの中に広がるトマトの旨味。
    ケチャップマンの人生そのものの味ですね。

    ケチャップマンの後ろ姿、いろいろと語っていますね。
    鈴木先生の画力に改めて感銘しました。

    この作品は、大人向けかな?
    疲れて帰って来たおとうさんに、ビールと一緒に差し出したい。

    まあ、小学校高学年から理解ができる作品だと思います。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな絵本があったんだ!

    しごとばや、おならをならしたい、ぼくのトイレなど多数の人気作品を世に送り出している鈴木のりたけさん。
    こちらは幻のデビュー作と聞き、気になって読みましたが、最近の作品とはだいぶ、作風が違います。
    自分にしかできないことを探して悩む、体がケチャップで出来たケチャップマンが主人公という、なんともシュールなおはなし。
    顔がトマトのトメイト博士が、ケチャップマンに直接吸い付いて、破裂するところとかはなんか怖いし。。こんな作品も描く人だったんだと驚き!もっと鈴木のりたけさんの絵本を読んでみたくなりました。

    投稿日:2021/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い…。

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、女の子7歳

    シュール。これはもう、ホラーの部類に入れていいんじゃないかっていうくらいなんだか怖くって、娘は夢に出ちゃう…って怖がっていました。
    トマトがケチャップを欲しがって膨れていく様子とか、破裂して赤い液体がとびちるところとか、欲にまみれて何でもかんでも食べまくったカオナシみたい。。
    怖がりの子には、あまりおすすめできません。

    投稿日:2020/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • どう受け取ったらいいのかわからず

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    図書館でも人気なのか、
    予約してもすぐには借りることができませんでした。

    言葉のリズムとか面白いし、
    展開も意外で面白いのですが、
    いまいちよくわからず、
    子どもも無反応だし、
    大人の私もどう受け取ったらいいのかわからず、
    難しかったです。

    投稿日:2019/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないな・・・

    こういう風になってこれがこうなって

    きっとこうなるだろう!!

    と計画したのに、それはどこに・・・?

    そっか・・

    いつも自分が考えたとおりに

    行くって決まりはないね・・・。

    そう悲観的になってしまうお話?

    いやいや、その逆で前向きになれる

    お話と考えてもいいかもです。

    投稿日:2018/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュールですね

    先日本屋さんで立ち読みしました。
    鈴木のりたけさんの絵本は息子も大好きですが、こちらはとてもリアルで深みのある絵で、少しやるせないお話・・・・実にシュール。
    これは大人向けの絵本なのでしょうか。
    作者の意外な一面を見たような気になりました。

    投稿日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向け?

    働き方改革、同労働同賃金、ワーキングプア、失業率、ブラック企業ホワイト企業…
    などなど、仕事や働き方に関する問題は、多々あります。

    その中でも、個人的な、精神的な、問題について、語られている絵本かな…と思いました。

    ……マン、なので、子ども向きかと思われるかもしれませんが、私は大人向きだと思います。

    投稿日:2017/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃(笑)

    9歳長女のリクエストで借りてきました。タイトルから「どんな本?」と思いましたが、衝撃。

    ケチャップと言えば、今はなくてはならない調味料。我が家では塩の次に出番が多い気がします(笑)そんなケチャップマンの悲しい顔がこの絵本にはいくつも。でも、最後はビックリ!長女は「でも、良かった。これでおいしさがわかったね」と言っていました。

    投稿日:2017/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケチャップマンという飛び抜けた存在を、人はなかなか認めてくれません。
    自分の持ち味が出せないままの生活も、ケチャップが脚光を浴びても変わらない生活も、気の毒なまでの希薄な存在感。
    これが現実かもしれないけれど、何だかケチャップマンが可哀想にかんじられました。

    投稿日:2017/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしいおかゆ」みたいなオチ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    ものすごくインパクトのある絵と内容でした。
    作者の個性を強く感じる作品です。
    1コマ1コマの構図など、すごく考えて描かれているなぁと、思いました。
    最後のオチは「おいしいおかゆ」みたいでしたね。

    ただ、「絵本」という媒体より、青年向けの漫画雑誌などのほうが受け止める対象が、この作品で見せたいものをわかってくれるのではないかなぁという気はします。

    投稿日:2017/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように / ぜったいに おしちゃダメ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット