くろくまくん ぴかぴか はみがき くろくまくん ぴかぴか はみがき くろくまくん ぴかぴか はみがきの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
上の歯しゅっしゅっ、下の歯しゃかしゃか。くろくまくんと一緒に、楽しく歯をみがこう!

おとうさんぼくね…」 パパの声

おとうさんぼくね… 作:長谷川 義史
出版社:保育社
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年11月15日
ISBN:9784586085507
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,210
みんなの声 総数 7
「おとうさんぼくね…」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「・・・」に続くのは・・・

     長谷川義史さんといえばアクの強い絵を描く絵本作家です。
     大阪弁でいえば「コテコテ」となるでしょうか。
     でも、そんな絵が私は大好きです。
     生きているっていう感じが強くします。
     泣いている子どもも泣きやんだりする。ケンカしていた子どもも仲直りする。
     そんな強い絵が大好きです。

     でも、この絵本は長谷川義史さんらしくない絵で出来ています。
     もともと大阪の放送局の企画で南極に行ったアナウンサーと長谷川さんの文通から生まれた作品ということで、幼稚園を卒園し、春には小学1年生になる男の子のお父さんが仕事の関係で地球の裏側に行ってしまうという設定になっていて、そのために長谷川さんは子どもが描いた絵の雰囲気を出そうとしています。
     文もそうで、絵と同じようにクレヨンで描いているように描いています。

     遠く離れたところに行ってしまったお父さんを思う気持ちは大海に浮かんだお父さんの船が波に揺られている場面によく描かれいます。
     文はこうです。
     「ふねがゆれるの おとうさん、ぼくのこころもゆれてるよ。」
     家族を残して単身赴任をされているお父さんなら思わずグッとくるところです。

     男の子の気持ちを反映させたのか、長谷川さんは男の子の卒園式は雨だったと描きます。
     だから、小学校の入学が映えてくるような気がします。
     だって、タイトルの「おとうさん ぼくね・・・」に続く言葉は、ここでは書けませんが、まさにそういう場面だからこそですもの。

    投稿日:2016/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 南極に行ったお父さん

    長谷川義史さんが描いた児童画絵本。
    でも、子どもにはまねできない深みも感じさせる絵本です。
    お父さんが南極に行っていることって、坊やからするとすごくて想像できない世界なのですね。
    それでも一生懸命想像して、思いをいっぱい込めて、卒園の喜びと、小学生になる期待感を伝えようとしています。
    単身赴任でお父さんが不在の家族にピッタリの絵本だと思います。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット