アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

しろのほん 」 みんなの声

しろのほん 著:五味 太郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2015年09月20日
ISBN:9784835452463
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,097
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

45件見つかりました

  • 白いものは

    しろくまやお年寄りの髪や白組など、白いものをたくさんかいています。

    そして、それに共通するほかのものを なになにの本にあるよ、と紹介します。

    簡単だし幼稚園くらいに向いていると思います。

    まあ気楽には読めるので、5歳にはまあまあでした。自分で読んでくれますので。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージ広がる色の絵本

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    「あかのほん」と「くろのほん」とリンクしてるんですね.3冊合わせて読みたい絵本です.白いものをあつかっていながら,他の色にもイメージを広げられるって面白いです.
    絵もシンプルで小さい子でも分かりやすくていいなと思います.救急車のページは,お医者さんは乗り遅れてるし,運転してる人は包帯まいてるし,息子と読んでてあれ?となりました.そういう遊び心もあって楽しい絵本でした.

    投稿日:2016/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白色センス

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    「いろのいろいろ絵本」、白って難易度が高そうですが、
    さすが五味太郎さんの白色センスは素敵です!
    およめさんのウェディングドレスなんて、拍手モノだと思います。
    包帯も、なるほど!ですが、赤へ誘う、「包帯をする前」という発想も、
    脱帽です。
    救急車は予定通りですが、おいおい、この絵、五味さんの笑いどころがさりげなく。
    髪の毛も、確かに!
    雪や帽子の絶妙なグラデーションも素晴らしいです。
    白の魅力、再認識です。

    投稿日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普段は目立たない色ですが

    普段はあまり目立たない白ですが、
    この絵本では大活躍!
    白いものって、実はたくさんあるんですね。
    イラストが可愛らしく、他の色がはっきりとしているので、白がとても目立ちます。
    「ゆき はるになったら くろのほん」
    に、はっとしました。
    野原を連想させる緑色ではなく、地面の色をそのまま表現しているのが新鮮だなと思いました。

    投稿日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • しろは、はじまりのいろ

     「白」は始まりの色。なんでもないようでいて、実は深い色。ちょっと、ほっとする色。冷たいと感じる色。そして、可能性を感じる色。

     最後のページの白い画用紙と、その横にある幾つかの絵の具が、「白」の可能性を示してくれているようです。

    投稿日:2016/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういうことか!

    色絵本シリーズ、今回は白の本です。

    赤の本を読んだ時は、まだその面白さが十分理解出来ていませんでしたが、この白の本を読んだ時、「そういうことか!」と納得しました。

    これは、単独で読んでも楽しいですが、赤と白と黒、3冊セットで読めば、楽しさも倍増、いえ3倍増しになる絵本なのですね♪

    白は、清純、清潔、まっさらなイメージ。
    画用紙なら、これからどんな色でも自由に描いていける、ワクワクする気持ちになります。

    「白クマ、普通のクマは黒の本」、といった文章も面白い。
    個人的に、春になったらどう黒に変わるのか、早く黒の絵本が読みたくなりました!

    シンプルかつ美しい色彩の挿絵も印象的で、読んで楽しい、見て楽しい、想像するのも楽しい、三拍子揃った絵本ですね(^^)

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3冊いっしょに

    先に『あかのほん』を読んでいたので、こうやってつながっているんだ!とうれしくなりました。
    「ほうたい」の場面では「ほうたいをするまえはあかのほん」となっていて、「なるほど!」と感激です。一緒に読んでいた息子も、うれしそうにしていました。
    『あか』と『しろ』と『くろ』は3冊一緒に読まないと、楽しさ半減かも。3冊セットでプレゼントしたら喜ばれそうと思いました。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 照らし合わせたくなる

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    白いものばかりが集められた絵本です。

    ただ単に白いだけでなく、それと関わるものが、赤や黒の絵本に描かれているというセンス・・・!

    大人が見ても面白いです。赤から読み始めてこの白の巻は2冊目でしたが、赤と白と黒で1セットになっているんですね。揃えて楽しみたいですね。

    投稿日:2016/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなしろ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    いろいろなしろが出てきます。
    あかのほん、くろのほんとセットで持ちたくなりますね。そうすると他のいろの本も欲しくなってしまいそうです。
    救急車でけがにんが運転してお医者さんが置いていかれるといった五味さんのユーモアがある絵本で良かったです。このページは子供も突っ込んでいました(笑)。

    投稿日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初、娘が3歳の時に読みました。
    『あか』→『くろ』と読み、『しろ』を読んだら…
    「脱いだのね!」と言ったのです。
    私は少しの間、???でしたが、よく考えると、
    「色を脱いだ」と言いたかったんです。
    今まで「黒いくま」は「白いくま」になり、
    「黒いつち」も雪ではなく「白いつち」になったんだと。
    この時はとても言葉って難しいなぁと感じました。

    そして、4歳になり再度チャレンジ!
    面白がって3冊並べて笑って読んでいます。
    そして、「あか」なら「ニンジン」、「しろ」なら「だいこん」、「くろ」なら…「ごぼう?」とかいいながら、「あか」「くろ」「しろ」の変化形を楽しんだりしています。
    少し前までは「しろ」が伝わらなかったんですが、娘自身が3歳の自分から脱皮して、「しろ」も自分の世界に取り込んでいました!

    タイミングや感覚で言葉で伝わらなかったものを、えほんは上手に伝えてくれるのですね。
    私がえほんから学んでいます。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット