どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
ぼんぬさん 40代・ママ

どんどこ どんどこ どこ行くのかな?
どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ…

しろのほん 」 みんなの声

しろのほん 著:五味 太郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2015年09月20日
ISBN:9784835452463
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,101
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

45件見つかりました

  • 白いものをたくさんあげていて、対比しながら他の色のほん、とかかれています。

    うちは7歳ですが、もっと小さければもっと喜ぶかもしれません。

    ただ、あかいほん、を読んだあとにみせたので「このあと、黒い本とか、他もいろいろあるんでしょう!?」と娘が笑っていました。

    全部そろってみると面白いでしょう。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    面白い色絵本で,新鮮さと斬新さを感じます。
    「あかのほん」を先に読みましたが,「そうそう,あったあった!」と思いながら読みました。セットで見開いて比べたくなっちゃいますね(笑)。
    もちろん各々1冊だけで,書かれた文を想像しながら連想しながら読んでいくのも面白いので,1冊だけ読んでも楽しさがありますが!

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 画用紙を用意して、読みたい♪

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    この「しろのほん」は
    「くろのほん」と「あかのほん」と密接にかかわっています。

    ・・・だったら○のえほん

    車やかみのけ、野菜。
    並べて見比べて楽しめちゃう。
    「えーっと、あった!」と別の色のページ探して
    3冊をうろうろしながら
    色を知る感じです。
    子どもと一緒にその繰り返し。
    どの色にも愛着がわきます。

    白も黒も
    2つだとモノクロ、静かな印象の色たち。
    3つめの赤も加わって色の楽しさが出ているんですね。

    見方の面白さを存分に楽しんだら
    最後のまっしろの画用紙が
    「君も描いて!!」と言ってきますよ。
    読んだあとは、いつものお絵かき会が
    よりカラフルに、より豪快に☆
    五味さんからの、ステキなお絵かきのお誘いです!

    投稿日:2016/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全部集めて楽しい本です

    白色の物が色々と紹介されていて、赤ちゃんから幼児までにとても分かりやすく色を紹介してくれる本だと思います。
    また、この1冊でも、この絵でなくて、違うものだったら何の本に載っているのかな、などと子供とコミュニケーションを取りながら読み進めていけるのでとても楽しめます。全て集めて、このシリーズの価値がありますね。プレゼントにしても喜ばれると思います。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックな絵が好き!

    ページをめくる毎にハッと驚いてしまうほどページ全体に書かれた絵を見ると、物凄く印象に残りますね。一度見るともう忘れないと言う感じでとても絵がダイナミックで素敵です。娘のお気に入りのページは、やっぱりおよめさんのページだそうです。やっぱり女の子だなあと、思わせてくれた一冊でした。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな白

    あかのほん、くろのほんに続いて読みました。
    それぞれの本と関連付けられて描かれているので、三冊並べて読むと違った楽しみ方ができそうです。
    このシリーズを読んだ後、息子はいろいろな色を探すのが楽しかったようで、色に気づくと私に報告してくれるという場面が多くなりました。日常の中にもいろいろな色が存在しているということを改めて気づかせてくれる絵本です。

    投稿日:2016/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 包帯が!

    4歳の息子と読みました。
    1冊まるまる白に特化しているというという点はおもしろいコンセプトだと思います。
    五味さんのあたたかい絵が楽しい。
    また、くろのほん、と しろのほん とリンクしているのがおもしろいですね。
    この本では包帯を巻いている男の子が、赤の本ではカッターで指を切って、血を流していたので、息子は「あれ、さっき血が出ていた子、この本では包帯をしていてよかったねー」と言っていました。

    ただ、
    しろはおよめさん、というページが
    くろのほんの、おむこさんはくろのほん としてつながっていましたが、
    ちょっと古いかなーと。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳の息子と1歳の娘に図書館で借りて読んであげました。

    とってもシンプルな色の絵本。
    シリーズまとめて読むのが良いですね。
    二人の反応はというと・・・
    特にこれといった反応なし。もう一度読みたいと持ってくることもなかったので、あまり好みではなかったのかもしれません。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白は比較される色?

    白いものの絵本ですが、「フラミンゴだったらあかのほん、カラスだったらくろのほん」という始まりにどぎまぎしてしまいました。
    白って他のものと対比して浮かび上がってくる色かもしれませんね。
    お嫁さんが白で、お婿さんが黒という対比には唸ってしまいましたが、髪の毛と画用紙には納得です。
    昔は私も黒い髪、昔の私は画用紙のような心だったかな。
    ハチマキ、くま、救急車…。
    白いもの探しのゲーム感覚が楽しいと思います。

    投稿日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白色の説明に困ったとき

    五味さんの絵本をしったのが幼稚園の面接のときで、子供が園長先生にテストされた教材のひとつでした、以来、五味さんの絵のよさをしり、絵本の楽しさをしりましたが、こちらの絵も素敵でタイトルはなにもない白だけど、いろんな色が使われ、いろんな絵が出てきてとてもたのしく見ていてきれいです、子供はよく絵を描くとき、白色の使い方に悩みます、白色の色の説明って赤や青にくらべてすることがないぶん、こうした絵本で教えてあげるのはいいなあとおもいました

    投稿日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット