ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本

きいろのほん」 その他の方の声

きいろのほん 著:五味 太郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2015年10月
ISBN:9784835452487
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,468
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色の持つ魅力

    大好きなきいろの絵本!
    きいろって、見ているだけで なんだか元気になりますよね。
    そういえば、みどりは落ち着く色、
    赤はパワーが出る色…
    というように、
    色には、なにか不思議なエネルギーが込められているように思います。
    色の持つ魅力を、再確認できるシリーズです。

    投稿日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいしそうないろ

    きいろはたまごいろ
    きいろはばなないろ
    きいろはれもんいろ

    きいろは一番美味しそうに見える色かも!
    見てるだけでお腹がすいてきちゃう!

    きいろはおつきさまいろ
    きいろはおほしさまいろ

    きいろは優しくてホッとする色ですね。

    読み終えた後は日だまりの中のような穏やかな気持ちになり、きいろがもっと好きになりました。

    投稿日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • きいろがあって、よかったな♪

     黄色は明るい色。なんだか、前向きさや元気さ、楽しさを感じる色。そして美味しい色・・・。

     「きいろのほん」を読んで、この世の中に、黄色があって良かったな♪と思いました^^黄色がもっと好きになりました。

    投稿日:2016/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 試し読みさせてもらっています
    五味太郎さんのいろのえほん 
    きいろは たまごいろ たまごの黄みのいろ(白身も卵ですから)
    バナナは確かに黄色ですが 皮をむいたら白っぽいですね

    おちばいろ イチョウは黄色く色づきます  おちばいろと言うと  赤い落ち葉も 茶色もあります

    こうして見ていくと ひとくくりにするのはちょっと無理があるかもと思えました
    五味さんの絵はすきですが 子どもたちに正確に伝えるには この絵本では・・・・・
    ヘルメットも黄色とばかりといえませんし
    トランペットは金色にひかっています 
    お月さまも 黄色と言うよりも かがやいて見えるのもあり 黄色に見えないお月さまもありますよ
    (こうこうとかがやいた美しいお月さま見るのが好きです)

    いろいろ 言ってしまいましたが  なんでも ひとくくりにするのはどうかと思えました

    投稿日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人ですが

    絵の具からそのままだしたきいろとはちがい、生活のなかでみつけるきいろというかんじです。あんしんする色だなあ、と。
    大人ですが色に対する興味がもくもくとふくらみました。みなれた日々に、あらためて、目をこらし、自分の好きな「きいろ」をみつけたいと思います。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やかで素敵です

    とても色が鮮やかで良いですね。
    始めのページに出てくる双子の目玉焼き。
    とびっきり美味しそうで、とびっきり子供たちが興味を引く目玉焼きだと思いました。だって玉子焼きの卵が双子玉子なんですから。
    黄色に関する物がたくさん登場してきて、子供たちがこれも、これもと楽しめますね。
    知らなかった魚の名前まで覚えられて、勉強にもなりました。
    子供と一緒に楽しめて、とてもいい絵本だと思います。
    このシリーズの中でもこのきいろのほんは一番見ていると元気になれる、そんな1冊でした。

    投稿日:2016/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな黄色

    少しオレンジがかった黄色が、とても魅力的なきいろの本。

    こちらも、白や黒とは違って、シンプルに「きいろは○○」というフレーズの繰り返しとなります。特に他の色の本とはリンクしていませんが、他の色の本で色の種類を覚えたお子さんに、「くちばしは黄色だけど、身体の色は何色?」などと、いろいろな遊び方ができると思います。

    目に痛いような鮮やかな黄色より、こちらの絵本の黄色の方が個人的には好きなので、とても気に入りました。

    投稿日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちっち / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット