新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ふしぎコレクション(9) 田んぼのコレクション」 みんなの声

ふしぎコレクション(9) 田んぼのコレクション 写真・文:内山 りゅう
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2016年02月25日
ISBN:9784577043752
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,494
みんなの声 総数 4
「ふしぎコレクション(9) 田んぼのコレクション」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 田園風景

    表紙の棚田の田園風景に魅せられて、ため息がでてしまうほど素敵で幼い頃の昔に帰っている自分にきがつきます。忙しくて忙しくて目が回るほどでしたが(?)今考えると田植えを家族で手植えしてた頃がよかったのかなって思いました。ちょっと素敵な写真にやきもちをやいてしまう私がいました。田んぼの中の生き物も絵本で見ることが出来て凄く幸せを感じました。

    投稿日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 田んぼからどのようにお米が出来るのか、一年間になされる作業が丁寧に説明されています。知っているようで知らなかったことも多く、とても勉強になりました。
    あわせて、田んぼに生息する昆虫やいろんな生き物、田んぼを彩る植物たちについての説明も丁寧です。
    田んぼと人との関わり、田んぼ文化についても書かれています。
    視覚的に分かりやすい構成になっているので、田んぼについての教材として、とても役立つ本だと思います。

    投稿日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 田んぼの1年

    表紙の写真に惹かれ、手に取りました。
    田んぼの1年が、きれいな写真と、丁寧な解説で紹介されています。
    おコメづくりの工程だけでなく、田んぼに生きる昆虫などの生き物や植物も知ることができ、とても貴重な体験をさせてもらったような気分になりました。
    日本人がお米を食べなくなっている?というけれど、この美しい風景を残すためにも、お米をたくさん食べたいなぁと思いました。

    投稿日:2020/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田んぼを丸ごと知る

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    小学校高学年の調べ学習の資料として読んでみました。
    「水」に関わる生き物と環境を撮影する著者が、
    田んぼという環境に迫ります。
    それは人が作った環境ですが、その魅力はすごいです。
    まず、稲作の様子を定点観察で追います。
    このあたりは、稲作についていろいろなことを学ぶことができると思います。
    クリアな写真は、まるでドキュメント番組を見ているような臨場感です。
    そして、田んぼで繰り広げられる生き物の世界。
    カエルの鳴き声も解説してあり、これはうれしいです。
    農家の苦労にも言及し、社会問題の視点もあります。
    ともあれ、田んぼを丸ごと知るにはちょうどよい資料だと思います。

    投稿日:2016/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット