話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ウォーリーと 16人のギャング」 その他の方の声

ウォーリーと 16人のギャング 文:リチャード・ケネディ
絵:マーク・シーモント
訳:小宮 由
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2015年12月25日
ISBN:9784477030449
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,607
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい お話しを一気に読みました
    ウォーリーの賢さはお見事!  怖そうな16人のギャングたちは 強がってますが・・・・・なんと まぬけなギャングたちですこと    
    笑えますね   それに比べて非常に賢くて 冷静に考えることができるウォーリーは小さな男の子ですが 大人も顔負けの頭の良さです

    お話しが おもしろいので これは 子ども達にも是非読んでほしいと思いました
     
    大きな声を出すギャングのボス   ホグボーン顔はこわいんですよ
    でも おつむの方は ちょっとぬけているのです
    だから 憎めないのかもしれません

    とにかく  皆さん 読んでのお楽しみです 
    なんだか おもしろくて スカッとするお話しです

    ウォーリーがどんな大人になるか ちょっと みてみたいのですが!

    大人になると 子どもの頃の賢さが・・・・・なくならないようにね!
    ウォーリー

    投稿日:2016/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット