宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

でてきて おひさま」 その他の方の声

でてきて おひさま 絵:ほりうち せいいち
再話:ほりうち みちこ
出版社:福音館書店
本体価格:\743+税
発行日:2004年
ISBN:9784834020489
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,786
みんなの声 総数 12
「でてきて おひさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くらくてこまると思いました

    おひさまがでないからどうしたんだろうと思いました。

    おひさまが出ないとくらくてこまると思いました。

    うさぎたちがりゆうをしろうとするから すごいなあと思いました。

    さいごはよかったと思いました。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • おひさまが三日も顔を出さなかったら大変ですね

    ひよこたちは  お母さんめんどりに お弁当を作ってもらって おひさま探し
    かたつむりにききます
    みんなおひさまがどこにいるか知りません カササギも  うさぎも かもも みんなついてきます
    協力者がたくさんいると心強いですね
    はりねずみが連れてくれましたら おひさまはまっくろです
    みんなで磨いてあげるのです
    それぞれの役割があって ひよこたちは おひさまの ちいいさなごみを つついて とりました
      
    こんな発想は おもしろいですね

    スロバキア民話を 堀内夫妻が絵本にしてくれました(一冊だけの合作絵本)

    おひさまのありがたさ ピカピカのおひさま いっぱいあびてひよこたちは大喜び
    なかなか おもしろい絵本ですよ 子どもたちみんなで遊べますね

    投稿日:2012/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット