しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

岩波少年文庫 シロクマ号となぞの鳥(下) 」 ママの声

岩波少年文庫 シロクマ号となぞの鳥(下) 作:アーサー・ランサム
訳:神宮 輝夫
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2016年01月15日
ISBN:9784001141931
評価スコア 4
評価ランキング 26,648
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 学生(10代)のうちに読んでほしい物語

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    この下巻を読んでしまったら、もう本当にこの先の『ランサム・サーガ』の物語は読めないんだと思うと、いろんな想いが込みあげてきますが、
    そんなこといっても続きが気になるので、やはり読みたくなるのですよ!

    上巻でディックが見つけた新発見は、イギリス諸島内で繁殖しないアビ類の「ハシグロアビ」が、(凪のために船が進まずたまたま立ち寄ったある島の半島で)どうやら夫婦で卵を温めているらしい巣があるところを目撃!
    たまたま近くにいたジマリングを鳥類研究家だと思い込んで、情報を提供してしまったことから、物語は大展開していきます。

    このシリーズでは子どもたちがたくさん登場しますが、ランサムは一人一人の個性をきちんと描き分けてくれています。
    例えば、ロジャが意外に自尊心が高いところ(もしかしたら、この物語の過程で成長してきたからこそ出てきた性格なのかもしれませんが)を今回の『シロクマ号』で知ることが出来ました。もう、小さなAB船員のみそっかすではなくなっていたんですね。
    いちばん年下だったからこそ、ロジャの成長が大きく感じられました。
    また、スーザンは物語が進むごとに、みんなの“お母さん役”が板に着いちゃって、このままお嫁だって行けそうです。

    諸島内の領地でシカ狩りをしている部族にも追われる羽目になってしまった一行は、
    部族の追手と、ジマリング一行の追っ手をほんろうさせるため、ナンシーの考えた作戦を決行します。
    1つはただの観光客を装った子どもたちの集団。もう1つは“ディック”はここにいますよ〜を思わせ、本当に「ハシグロアビ」が卵を温めている湖から引き離す役。
    ディック役は本当はロジャのほうが背格好が似ているのですが、長距離を移動する可能性があるので、木炭で眼鏡を顔に書いたジョンが扮します。(この役、ジョンは結構楽しんでるようでした)
    こういうアイディアはナンシーならではです!こういう子どもらしいのにどこか強引で大胆な行動が、読み手の子どもたちの胸を熱くするのではないでしょうか。

    ドキドキしっぱなしの下巻です。最後まで楽しめます。
    ランサム・サーガの特徴の1つとして、いつもわたしが感じていたのは、ラストシーンが大げさな大円団で終わらないところです。
    とてもさりげない日常の一コマのようなやり取りで終わるんですよ。
    なのに、ものすごく余韻が残ります。
    この続きが、自然にどんどん流れていくような感じがいいのかもしれません。

    作品は小学校の高学年くらいから中・高生の方々に特におすすめしたのです。
    今回は「ハシグロアビ」というちょっと珍しい鳥のことが、おはなしのキーポイントになっています。
    なので、鳥や自然界の生き物に興味のある人には特におすすめです。

    そして、中高生以上や大人の読者の方には、後書きまでしっかり読んでもらいたいです。
    訳者からの言葉や、この作品が大好きな人たちからの物語のエールや楽しいお話のポイントが綴られているので、要チェック!
    ここを読んでから、また再読するのもありですね〜。

    人生のうちで、10代でいる時期はほんのちょっとです。
    いまの世の中、アマゾン海賊やウォーカーきょうだいのような冒険はなかなかできませんが、
    この物語の中で、彼らと一緒に冒険の(疑似)体験できます。
    ぜひぜひ、学生時代に一度は読んでほしい作品の1つです。

    投稿日:2016/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット