もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ポテトむらのコロッケまつり」 じいじ・ばあばの声

ポテトむらのコロッケまつり 文:竹下 文子
絵:出口 かずみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年01月30日
ISBN:9784774620329
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,329
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ワクワクしました!

    ポテトむらの 優しい雰囲気のするポテトおばさんが、
    じゃがいもを たくさん植えるところから始まって
    村中で協力して 大きなコロッケを作るイベント。

    大人の私はこれ 係りの人にとって、
    準備や後片付け、何日かかるだろう、
    打ち合わせなどかなり時間がかかっただろうなぁ。。と
    大人目線で思ってしまったのですが、
    これは、子供から見たら
    とても楽しみなお祭りだと思うし、
    コロッケが大好きな人は多いので
    私もきっと協力できることをして、
    一緒にコロッケをいただきたいと思う内容でした。
    大勢の中からポテトおばさんを探したり、
    村中の人の様子を絵の中から楽しむのも
    よいと思える絵本でした。

    投稿日:2016/03/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 美味しそう!

    全頁試し読みで読みました。ポテトおばさんの村中総出のビッグイベントが凄く楽しみでわくわくしっぱなしでした。村の人たちと皆で作る世界中で一番大きなビッグなビッグなコロッケを考えたのをなにより尊敬します。村中の人たちが協力して出来上がったのがなにより素敵だと思いました。そのコロッケの美味しそうなこと、コロッケが食べたくなりました。

    投稿日:2016/02/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんて大きいのでしょう

    ポテトおばさんがじゃがいもを畑に植えつけ、きれいに花が咲いて
    ごろごろといっぱいのポテトの収穫。
    どのお料理もおいしそうだけど、この後がすごいことになりますよ。
    おまつりでおおきなコロッケを作ることになって、みんなが協力するのですが、
    そのスケールのおおきいことおおきいこと。
    どうなるのかと思うくらいです。
    世界一大きなコロッケ!美味しそうですね。

    投稿日:2016/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット