あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

うみのしっぽなかなかよいと思う みんなの声

うみのしっぽ 文:内田 麟太郎
絵:長 新太
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784494006977
評価スコア 4.35
評価ランキング 12,389
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うみのしっぽってそういうことか

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    最後まで読んで、うみのしっぽってそういうことか!ってなりました。
    楽しいお話ですねー。
    海やら海の生き物が好きなこどもが選んだ絵本です。
    けっこうお気に入りみたいです。
    うみのしっぽに手を出してみたいです(笑)。

    投稿日:2018/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海にしっぽがあるなんて

    海にしっぽがあるなんて、しっぽがくすぐったかったなんて、なんだか不思議で楽しい絵本です。
    小川まで魚を飛ばした海って、壮大ですね。
    主人公のねこがちょっと小さすぎるようで、読み聞かせに使いづらいのが残念でした。

    投稿日:2014/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • な・い・し・ょ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    題名に???となります。
    作者を見て、あ、ナンセンスな何かが始まるな、と思いました。
    捨て猫2匹の哀れな様子がプロローグから唐突に始まります。
    住む場所を追われ、行く先々で、暴力的に追い出される捨て猫たち。
    このあたりの描写は少し生々しくて、
    子どもたちはどう受け止めるか、少し不安はあります。
    仕方なく川上で、傷口を癒していると、不思議なことが。
    水をなでると、海魚が降ってくるのです。
    川が海のしっぽだから、という視点に、びっくりです。
    くすぐったいという感覚が、なんとも斬新ですね。
    この秘密を「な・い・し・ょ」とする感覚が、読者に寄り添っていますね。
    内田麟太郎さんの、哀愁を帯びた、奥の深い文章に、
    長新太さんが、独特の画風で寄り添っています。
    不思議な読後感でした。

    投稿日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海にもしっぽがあるんだ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    うみのしっぽってなんだろう・・・・そんな疑問符のままお話は始まってしまい・・・・

    最初はいじめられ続ける猫のカップルがかわいそうで・・・
    ここまでするかと言うぐらい、やられちゃうんです

    でも・・・それによって体得したのが・・・・

    小川の位置がカギを握っていたんですね
    さすがの海も、くすぐったいのは耐えられない・・・?

    作者のワールドにすっかりはまってしまいます

    投稿日:2011/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 川が海のしっぽ?!

    クマや狸に迫害される猫夫婦。海のしっぽである川をくすぐれば、くすぐったい海が願いどおり魚を投げてくれる、、、、。

    魚が大きい絵で、娘は大喜びでした。海のしっぽという考え方も面白い。自分たちもこんなことできたらいいなとつい想像してしまいました。なかなか良い絵本だと思います。

    投稿日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ〜、なるほど。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    イヌやタヌキやクマに、散々いじめられた捨て猫の夫婦。
    おとこのネコが、水に手を入れてくすぐると、
    カツオやタイなど、海の魚が飛んでくるようになりました。

    なぜ?

    前半は、とてもかわいそうなネコたちに、心を痛めました。
    でも、後半になって、海の恵みが降ってくるようになって、
    とても、ほっとしました。

    そこへまたまた、クマとタヌキが現れて、
    ハラハラドキドキしましたが、
    なぜ、海の魚が飛んでくるのか、その原因がわかって、
    なるほど〜と、感心しました。
    面白い!と、思いました。
    こんな素敵なことは、本当に、「ダレニモナイショ」ですよね。

    夕焼けのシーンが、とてもいいな〜と思いました。

    投稿日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海のしっぽ!?

    ネコが2匹、お腹をすかせ川の横を登って行きます。

    長新太さんの絵なので面白い内容かと思って読み進むと
    だんだん可哀想になってきて
    一体どうなるんだろう・・・
    と思っていると。

    悲しい話かと心配しながら読みました。
    子供たちも心配しながら一生懸命聞いてました。
    本当に海のしっぽだったらスゴイ!
    落ちが面白かったです。

    投稿日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない〜

    題名と登場してくる猫たちと結びつかないよね〜。
    なんでこんな題名なんだろう?
    と思ったら、最後にその答えが!

    ありえない〜。
    ナンセンスな展開で、我が家ではうけました。

    そしてこの題名にも納得。
    なるほど、うみのしっぽかあ…と思える展開でした。

    投稿日:2008/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽって??

    内田麟太郎さんのユーモアに長新太さんの斬新な挿絵が
    すごくマッチしてるお話しです!

    タイトルの海のしっぽがどこなのか?それが気になって気になって!!
    お話しの終わりの方で解き明かされるのですが、なるほど〜って
    納得♪そう来たか〜!!って関心☆〜(ゝ。∂)
    最後までユーモアがたっぷり効いたお話しで、何だか読んでる私たちまで
    くすぐったくなっちゃいました (^◇^)

    さてさて、海のしっぽってどこなんでしょうね?

    投稿日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴゅーん

    • オハ〜ナさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、女の子3歳

    子ども達は「ぴゅーん」と魚がとんでくる場面がおもしろいと 楽しく読んでいました。
    ねこたちがコショコショしていた小川は 海のしっぽだったのですね(笑)絵をみて なるほど〜と思いました。

    投稿日:2007/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット