話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ

ふどうぼうふつうだと思う みんなの声

ふどうぼう 文:林家 たい平
絵:大畑 いくの
編:ばば けんいち
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年11月
ISBN:9784251095039
評価スコア 3.33
評価ランキング 46,940
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 明治時代にできた噺なので

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    「古典と新作らくご絵本シリーズ」の3作目の本書。
    ひらがな表記で、背景の色が紫だったもので、私は最初この本を手にした時「ぶどうぼう(葡萄 坊って、なに?)」と読んでしまいました。
    本当のタイトルは「不動坊」です。
    あとがきを読んで知りましたが、この噺は明治時代にできたものなんですって。
    (偽)幽霊が出てくる面白さはありますが、
    明治時代に作られた話だからこその文明開化によって起こった生活の変貌や「ハイカラ」を意識した喋りを理解できないと、この噺は面白くありません。
    読み聞かせに使うにしても、小学生はちょっと難しいかな〜。
    子どもたちに紹介するなら、ブックトークでしょうか。

    投稿日:2017/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット