ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

ぷっぷっぷ〜」 じいじ・ばあばの声

ぷっぷっぷ〜 作:いしづ ちひろ
絵:くわざわ ゆうこ
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2016年03月
ISBN:9784774324838
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,444
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつもえがおが嬉しいです

    全ページお試しで読みました。
    このシリーズは、いつも
    とてもきげんのよい赤ちゃんに出合えて嬉しい気持ちになります。
    赤ちゃんのほほえみとおだやかなしぐさをみていると、
    健やかに育つ音が感じられそうな気がします。
    可愛いです。

    投稿日:2016/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔になれます

    6ヶ月になる孫に読んであげたい絵本です。パ行の発音が楽しく、繰り返し読んだら喜んでくれそうです。孫も今、盛んに「プープ」と声に出しています。興味を持ちそうです。絵もほのぼのとしてとても可愛いですね。今度、我が家へ来たら、早速読んであげようと思います。

    投稿日:2016/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本、読めるかな 受賞レビュー

    やさしい言葉と愛らしいイラストとで、絵本に詳しくないおじいさんでも一緒に楽しめばすぐに赤ちゃんのお気に入りです。
    赤ちゃんを見ると誰でもほほがゆるみますが、こんな絵本と仲間になればたくさんたくさん笑うことができるでしょう。
    思い切って若い親たちから幼子を取り上げよう。
    思いっきり目線を落として、腹ばいになりながら大きな声で読んでごらんなさい。
    おじいさんでも赤ちゃんになれます。

    投稿日:2016/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぱぴぷぺぽ

    この絵本を一人で読んでいると、孫たちにあいたくなります。エブちゃんは、今3歳3ヶ月なので、どのページも可愛いあかちゃん登場は、あいたくなるばかりです。「ぱぴぷぺぽ」の音が集まった絵本です。「ぷっぷっぷ〜」「ぱちぱちぱち」「ぺたぺたぺた」「ぴっぴっぴっ」「ぽっぽー ぽっぽー」の音とあかちゃんの動作が可愛くて癒されます。やっぱり、一緒に読みたいです!

    投稿日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット