こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

あったかいな」 ママの声

あったかいな 作:くすのき しげのり
絵:片山 健
出版社:廣済堂あかつき
本体価格:\1,600+税
発行日:2016年03月31日
ISBN:9784908255120
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,076
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きているってあったかい。

    ゆうちゃんとあっちゃんという二人の女の子が猫のミーちゃんの出産を通して様々なことを学んでいくお話です。
    命の尊さ,母になる強さ,こういう経験から知っていくのはとても素敵ですね!
    二人が女の子なのも,またお話にとても合っていました。
    生きているってあったかい!そんな結末で終わるのもまたよかったです。
    そうですね,そんなふうに思える世の中であってほしいですね。

    投稿日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生きてるって

    声に出して読んでいたら、途中から声が震えてしまいました。
    猫の出産。
    でも、それは人間の出産と少しも変わりないのです。
    お産の大変さ、母親になったら子供を命がけで守ること、
    猫を通して子供たちは学ぶでしょう。
    そして、お母さんが大好きという気持ちにもあたらめて気づくことでしょう。
    柔らかい関西弁が心地よく、何度でも読み返したい一冊です。
    購入、決定!

    投稿日:2017/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 説教くさくなく、でも命の大切さがよく伝わる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    命がけで子どもを守るミーちゃんの迫力。
    ミーちゃんは毛を逆立てて、ものすごく怖い顔で怒って
    大人でもドキリとする顔。

    でも、たぶん私もそうだった。
    特に子どもが新生児の時には
    神経をぴりぴりにして
    子どもたちを守ってた。

    そんな親猫や子猫の姿を見て
    自分たちの母親に甘えたくなる子どもたち。

    読んでいると息子も絵ではなく、
    私の方をじっとみていました。

    説教くさくなく、でも命の大切さがよく伝わる素敵な本だと思います。

    投稿日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのあかちゃんを待って

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ねこのあかちゃんを心待ちにする女の子たち。
    出産のための場所を整えたり、本当に楽しみなんですね。
    うちの子もわたしも出産には立ちあったことがないけど(わたし自身は出産したけども)、こういう状況だとやっぱりこの女の子たち同様に楽しみでたまらないと思います。そして感動したりするのかしら。
    命ってあたたかい…本当にそう思います。

    投稿日:2016/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット