宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いちばん しあわせな おくりもの」 ママの声

いちばん しあわせな おくりもの 作・絵:宮野 聡子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2016年04月09日
ISBN:9784774620619
評価スコア 4.76
評価ランキング 687
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • しあわせとは!

    くまくんとこりすの大きさの対比,やり取りなど,味わいながら読みました。
    イラストも温かみのある柔らかい色彩ですが,それぞれのお店などは見応えもありました。
    「いちばんしあわせなおくりもの」。。。
    何がほしい,もっとこうだったらな,なんて考えている自分が情けなくなりました。
    大切な人たちといるありふれた日常こそがしあわせなのですよね。
    子供向けの絵本かも知れませんが,大人が読んでもじ〜んとくる素敵な絵本でした!

    投稿日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • ストーリーもイラストも・・素敵!

    タイトルを口に出して読んだだけでも、幸せな気分になれますが、絵本を開いたら・・更に幸せな気分の御裾分けをしてもらったかのようです。

    優しいストーリーに負けないイラストの優しさ、丁寧な描写は、すっかりと魅了されてしまいました。

    くまくんの性格の温かさは、なんとも包容力があるというか、気持ちを和ませてくれました。
    そして、大好きなくまくんを思うリスさんの一生懸命な気持ち。

    どのページも素敵なイラストだけど、その中でも一番好きなのが

    ゆうひがゆっくりしずみました
    かぜが、はなのかおりをはこんできました

    という夕焼け空のもとで、しあわせいっぱいの2匹のページ。

    なんだか、本当に風に乗ってお花の香りがしてきそうな気がしました。

    そんなことが幸せと言えるなんて・・なんだか初々しい恋愛を見ているかのようできゅんとしました。

    投稿日:2017/01/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんわか

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    のんびりやのくまくんとげんきなこりすはとてもなかよしでいつもいっしょ。
    いちばんしあわせなおくりものとは…?納得の内容でした。
    絵もお話もほんわかしますね。
    かわいいです。
    ずっとなかよしでいてね。
    うちの子たちもこんなおともだちができるといいな。

    投稿日:2016/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しい気持ちになる絵本

    可愛い絵に魅かれて借りてきました。

    くまくんとりすくんのお話です。りすくんがくまくんにプレゼントをしようとするんですが、くまくんは何も欲しがらないんです。くまくんにとって一番のおくりものは「いっしょにいること」だったんです。

    心がほっこり温かくなるお話です。

    投稿日:2016/07/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 理想の家族。理想の世界。

    昨年購入し、自宅でも学校での読み聞かせ活動にも用いています。
    こんな作品があればいいなと思っていた矢先に見つけました!

    虐待・いじめを含むあらゆる犯罪や、戦争、自然災害の悲しい現実が日々報道される昨今。
    「ただ穏やかに生きていることが、どれだけ幸せなことなのか」を我が子たちに伝え、同時に大人も自戒できる本です。

    何でも買える〜買ってもらえる〜有るのが当たり前。
    安全〜平和に在るのが当たり前。
    そうした我儘や傲慢さを払拭することの大切さ。
    可愛らしいふんわりとした絵柄と、わかりやすくシンプルな言葉で描かれています。

    ただ会話の中で教えるのでは入りにくい右脳の弱い男児でも、こうした視覚効果が期待できる絵本ですと理解しやすいようです。
    親子の会話も広がります。

    学校での読み聞かせ活動では、何も欲しからないクマに対して
    「え〜!ひどい!リスが可哀想!」という、いかにも女子だなというリアクションがあり、面白いなと思いました。
    が、終盤で「あ〜!そっか〜!」と理解していた場面があり、多くの意味で勉強になりました。

    作家さんに感謝したい1冊です。
    プレゼントにも喜ばれると思います。
    ★10個つけたいくらい、お薦めの作品です!

    投稿日:2018/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせ

    大好きなくまくんに、りすくんがなにかプレゼントをしようと考えますが、考えても考えても、くまくんはいらないと答えます。くまくんにとって、りすくんと2人でいっしょに過ごすことが、一番幸せだと感じていたんですね。ラストも素敵でした^^

    投稿日:2017/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちになります

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    くまとりすの、とてもあたたかいお話し。
    大好きなくまくんに、何かをしてあげたくてたまらないリスさんと、一緒にいるだけで幸せなくまくん。
    相手への愛情を惜しげもなく言葉で伝えあう、くまくんとリスさんの優しい気持ちにふれ、こちらまであたたかい気持ちに包まれました。
    絵本に影響を受けやすい子どもたちは、読んだ後、同じように素直に大好きと言葉で伝えてくれるので、親も同じように大好きを伝えられました。

    投稿日:2017/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいくて温かい

    くまくんとりすくんの友情物語です。
    お互いが本当に大好きなんだな〜って終始伝わってきます。
    ここまで大切な友達を見つけてしまったら結婚できないんじゃないかしら?なんて変な心配してしまいますが(笑)、息子もいつの日かこんなに大好きなお友達ができたらいいな、と思います。
    ん?あながち変な心配、ではないかも?
    今の時代、性的マイノリティの問題もありますのでね。
    余談ですが、りすくんの焼くホットケーキがとってもおいしそう!

    投稿日:2017/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ああ、いいな

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    久しぶりにああ、いいなと思えるお話に出会えました。

    正直、きれいごとばかりだと
    なんか道徳のテキストみたいでいやだなと
    思っていたのですが、
    絵のやさしいタッチと
    くまくんの口調が絶妙で、
    読んでてしみじみと
    こんなふうに大切な人と過ごしたいなと思いました。

    どっちの気持ちもわかるけど、
    どちらかといえばりすくんタイプの私。
    でも、もしかしたら家族は
    のんびりゆったり過ごしたいのかもと
    振り返るよいきっかけになり、
    もう少しくまくんのような考え方を
    してみようと思いました。

    投稿日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • そばにいること

    仲良しのクマくんと子リスの物語です。
    こりすはクマくんに贈り物をしたいと思うのですが、
    なかなかいいアイデアが浮かばないのですね。
    二人の会話を聞きながら、幸せについて考えさせてくれますね。
    そう、ありふれた日常のいとおしさ、でしょうか。
    家族愛、夫婦愛、友愛、どれをも包括しているような気がします。
    日常の何気ない光景のありがたさをしみじみ感じさせられます。
    幼稚園児くらいから大人まで、心に沁みわたると思います。

    投稿日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ノンタンはみがきはーみー / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン / ちいさなあなたへ / レモンちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット