もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もとこども」 ママの声

もとこども 作:富安 陽子
絵:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年05月01日
ISBN:9784591149157
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,565
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元・子供

    元・子供!!

    この表現に「うわぁ、やられたぁぁ!!」という衝撃を受けました。
    そうなんだよね。
    大人=元・子供、なんだよね。

    大人は、なにも、最初から大人だったわけじゃない。
    子供時代を経て、大人になったんだと
    あらためて気づかされた感じです。

    だからそこ、子供は、発展途上の「もうすぐ大人」なんだよね。
    どんな大人にもなれる可能性がある。

    少ない言葉で何度も突き付けられる感じが
    なかなか奥深い本です。

    投稿日:2016/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私ももととども

    昔一度読んだことがあったのですが、子どもが図書館で借りてきて2度目読みました。
    やっぱりいいですね。
    いとうひろしさんの絵もお話にマッチして素敵です。

    誰でも昔は元子ども。
    私も昔は元子ども。

    いつも我が子にガミガミしかってしまう母ですが、この話を読んで昔の自分を思い出し、反省しました。

    投稿日:2018/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな…ね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    おとなももとこども。みんな…ね。
    おとうさんおかあさんにも子供時代はあったのよ、と言いつつ読みました。
    こどもにとってはおとなは会った時からおとなですものね。
    この絵本の中ではみんななりたい自分になれている?

    投稿日:2017/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰にだって、子どもの時代はあったのです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    絵はいとうひろしさんなので、はっきりしていてわかりやすく遠目もききます。内容は富安陽子さんらしい親しみのある温かい内容でした。
    そう、誰にだって、子どもの時代はあったのです。
    子ども時代にもその人の将来の片鱗が見え隠れする作りがまた良かったです。「3げん となりの おじいちゃん」は3代変化を見せてくれます。
    低学年のお子さんたちでもわかるように描かれていますが、私はむしろ、この絵本は高学年や中高生に読みたいと思いました。
    進路に悩む子どもたちに、「ぼちぼちいこか」と一緒に紹介してはいかがでしょうか?

    投稿日:2017/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今も・・

    大人は、最初っから大人なのではなくて「もと こども」なの
    ですよね。小さな子どもは「今」が全てですから、大人が「もと
    こども」だったことを知るとびっくりしますが、大人の方だって
    自分が「もと こども」だったことをすっかり忘れていて、そんな
    自分自身にびっくりしてしまうこともあるかもしれないなと思いました。

    娘はいとうさんの挿絵を見て「おさるのヒトだよね」と言って
    いました。学校の図書館からおさるシリーズを好んで借りてきて
    いたことがあったので、タッチを覚えていたようです。

    もと こども、とは言いますが、私は果たしてもと、だろうか?と
    時々心配になります。いい大人のはずなのに。

    投稿日:2016/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろ気づく

    おじいちゃんも、おかあさんも、むかいのおねえさんも、むかしはみんなこども。

    尊敬する人や大好きな人たちにも、こどものころがあったんだ。
    こどものころをみてみると、なんだ、じぶん達と一緒だね!

    私たちにも、こどものころがあったよね。
    今はできること、今はしないこと、こどものころは逆だった。

    おとな達の過去に遡ることで、こどもは、じぶんの未来へ希望を感じ、おとなたちは、じぶんもこどもだったことを思い出す、そんなお話でした。

    投稿日:2016/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • これから なにに なろうかな

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    富安陽子さんといとうひろしさんのコラボ!
    これは読んでみなくてはなりませぬ(笑)
    題名から、ムムッと惹きつけられます。
    大人も昔は子どもだったということ。
    その事実が淡々と語られます。
    世の中は「こども」と「元こども」でできている、と、
    これは新鮮な視点です。
    でも、子どもにとっては、素敵な見方だと思います。
    案外思春期の子どもたちにもいいかもしれません。
    もちろん、大人にも。
    読み手によって、いろいろ感じられると思います。
    グッジョブ!の読後感でした。

    投稿日:2016/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだ私も「もとこども」

    タイトルを見て、確かに私も「もとこども」だったなぁと、妙に感心してしまいました。大人はこどもの頃を思い出し、子供は自分の将来も想像できる、なんとも素敵な絵本です。
    文字は少ないですが、絵がたくさんのことを語ってくれています。
    いとうひろしさんのほのぼのとした絵を見ていると、とても微笑ましい気持ちになりました。

    投稿日:2016/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    8歳6歳の娘たちに読みました。「もとこども」つまり「元子供」って意味なんですね。どんな大人も昔は子供だったということが描かれています。いつも「早くしなさい」「こらー。やめなさい」と怒ってばかりの私。そんな私も「元子供」…。怒ってばかりの自分を反省しました。

    投稿日:2016/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / なつのいちにち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット