話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

小箱のなかのビッグバン自信を持っておすすめしたい みんなの声

小箱のなかのビッグバン 作:新宅順子
絵:木倶知のりこ
出版社:造形社
税込価格:\1,980
発行日:1987年
ISBN:9784881725511
評価スコア 4
評価ランキング 30,410
みんなの声 総数 1
「小箱のなかのビッグバン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まにあいそうですか?

    この本は、絵本です。
    ああ、当たり前の事を書いてしまいましたね、すみません。
    ただ、これは、絵の力が、ものすごく大きい本なので、
    特に強調してしまいたくなるのです。

    この本を開くと、巨大な世界が待っています。
    見ほれる程に、美しい色彩が、網膜をくすぐります。
    そして、文章を読んでいくと分かってくる、愕然とするような恐怖。
    感想を口に出すのが、はばかられる程です。
    私は、この世界の前で、自分の存在が実に無力で、小さくたよりないもののように感じます。
    そう、戦争後の、廃墟にたたずんで、意味もなく宙を見上げているような。

    この絵本が作られたきっかけは、作画を手がけた木倶知のりこさんのご主人、たべけんぞう氏の「ORANGE OPERATION」という「核の破壊力」がテーマの立体作品です。
    たべ氏のアプローチと、この絵本のアプローチは、まったく逆に見えて、底に流れるものが同じです。
    この絵本のあとがきには、ORANGE OPERATIONの作品の写真も載っていますが、
    この作品が、核戦争をリアルに表したものに対し、
    この絵本は、美しく、壮大でファンタジックな世界で、「核戦争」という言葉はこの絵本には、ダイレクトには表されてはいません。
    だからこそ、軽やかで、柔らかな文章の中に、
    突然登場する、「ママははんぶんとけている」というような言葉に、身震いするような恐怖を覚えるのですが。

    子供むけの話ではないでしょう。
    けれど、子供が大きくなり、核に対して、何かを考えるようになったら、手渡してみたいと思います。

    ーまにあいそうですか?ー
    この絵本に出会って、私はおよそ15年ほどたちます。
    絵本の中のこのセリフ、今でも深く印象に刻まれています。
    私たちのこの世界は、まにあうのでしょうか?

    投稿日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • た

     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    たがやす、たねまく、たちまちめがでた!「た」で始まる言葉だけで描く田んぼのこと、命のこと。


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット