くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

夜空をみあげようなかなかよいと思う みんなの声

夜空をみあげよう 文:松村 由利子
絵:ジョン・シェリー
監修:渡部 潤一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2016年05月15日
ISBN:9784834082593
評価スコア 4
評価ランキング 20,929
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夜空を見上げれば

    星空の魅力が紹介されています。
    月の形の変化やさりげなく見えている星の色具合、町明かりであまり見えない星空も、様々に楽しむ事が出来るのですね。
    多くの星を見るための星空観察キャンプは素晴らしいと思います。
    流星や宇宙ステーション、夢があって、見ていて楽しくなりました。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくなる星の勉強法!

    女の子が、たまたま見つけた一番星に興味を持ち、家族で星空を見上げたり、もっとよく観察できるように、キャンプに出かけたりします。
    その様子がとっても楽しそうで、仲良さそうで、見ている方もワクワクしました!
    食卓を囲みながら、興味を持ったことについて話し、家族がそれに答える。
    答える方も、どんどん気分がアガってくるんですよね。
    そしてキャンプへと発展する。
    これ以上に、楽しくて身につく勉強法ってないなって思いました!

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプしながら星を見る

    図書館の新刊コーナーで見つけました。
    ある日の夕方、ベランダで洗濯物を取り込んでいる時に一番星を見つけたはるか。夜空を見上げてみると、いろんなことを発見します。
    星に興味が出てきたはるかたち家族は、夏休みに、ペルセウス座流星群を見に、キャンプをしようと計画を立てます。
    山の夜空は降り注ぐようにたくさんの星が輝いていました。
    星を見つけに行くキャンプなんて、とっても素敵です。真似したくなりました。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット